CATEGORY

井上靖

井上靖『敦煌』の登場人物、あらすじ、感想

 1959年発表の井上靖の長編小説『敦煌』は、11世紀の中国を舞台にした歴史小説です。当時の中国であった宋の西方では、チベット系民族の李元昊(りげんこう)が率いる西夏が、この地の覇権を握ろうとしていました。西夏はもともと宋の地方組織でしたが、次第に勢力を増すと、1036年に宋の支配下であった沙州(現在の敦煌)へと兵を進めて制圧し、その翌々年に李元昊が皇帝を名乗り建国します。  沙州はシルクロードの […]