MONTH

2022年1月

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第一部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の導入部とも言うべき第一部は、フョードル、ドミートリイ、イワン、アリョーシャといった物語の中心を成すカラマーゾフ家の人々や、スメルジャコフやグルーシェニカ、カテリーナ、ゾシマ長老などの重要な役割を果たす登場人物たちの生い立ち、関係性が語られます。 大きく物語が動くのはまだまだ先ですが、この一癖も二癖もある人々の個性が描き出される数々のエピソードを読むと、これからとてつもない […]

『青鬼の褌を洗う女』の登場人物、あらすじ、感想

 『青鬼の褌を洗う女』は、1947年に発表された坂口安吾の短編(中編)小説です。 妾として生きることを望まれて育ち、さまざまな男を渡り歩く女を描き、坂口安吾の作品の中でも傑作と称されています。 このページでは、『青鬼の褌を洗う女』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク 『青鬼の褌を洗う女』の登場人物 サチ子語り手。妾の子として生まれる。自分のことを溺愛しながら、妾になるように勧める母親を […]

坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』の詳しいあらすじ

坂口安吾作『青鬼の褌を洗う女』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『青鬼の褌を洗う女』トップページ) 妾となることを望まれて育ったサチ子  三月十日の東京大空襲で、上野公園に逃げて助かったサチ子は、その二日後に人がたくさん死んでいる隅田公園に行き、母親の死骸を見つけました。その死骸は全然焼けておらず、生きていた […]