MONTH

2019年4月

太宰治『ヴィヨンの妻』の登場人物、あらすじ、感想

 『ヴィヨンの妻』は1947年発表の太宰治の短編です。題名に含まれる「ヴィヨン」とは、15世紀にフランスで活躍した詩人のフランソワ・ヴィヨンのことをさします。フランソワ・ヴィヨンはパリで放蕩を繰り返し、乱闘騒ぎで司祭を殺し、強盗事件を起こして逮捕された人物です。彼は死刑判決を受けましたが、恩赦によってパリ追放の刑に減刑され、その後消息を断ちました。  この小説の主人公は、放蕩を繰り返す夫と、語り手 […]

織田作之助『夫婦善哉』の詳しいあらすじ

『夫婦善哉』トップ 『夫婦善哉』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 維康柳吉安化粧品問屋の息子。妻子を持っていたが、芸者の蝶子と関係を持ち、駆け落ちする。 蝶子十七歳で芸者になり、柳吉と駆け落ちする。 種吉蝶子の父。大阪にある路地の入口で天麩羅屋を営む。 お辰種吉の妻 おきんヤトナ(臨時雇いの芸者)を斡旋している年増の芸者。 柳吉の妻柳吉が駆け落ちすると籍を抜いて実家に帰る。 筆子柳吉の妹。駆 […]

三島由紀夫『憂国』のあらすじ、感想

 『憂国』は1961年に発表された三島由紀夫の短編小説です。40ページ足らず(新潮文庫版)の作品ながら、『仮面の告白』、『潮騒』、『金閣寺』などの錚々たる顔ぶれの小説と並び、三島由紀夫の代表作と言えるものです。この作品を有名にしているのは、なんといってもその官能表現と、苦痛の表現でしょう。これはもう非常に生々しく、読んでいて実際に痛みを感じる人も多いのではないでしょうか。三島由紀夫にとっても、自身 […]

島崎藤村『破戒』の登場人物、あらすじ、感想

 『破戒』は1906年、詩人として活躍していた島崎藤村が初めて自費出版した小説です。日本における自然主義を確立した作品のうちの一つであり、夏目漱石が絶賛しました。  この小説では、被差別階級出身の青年、瀬川丑松が自分の出生を周囲に告白するかどうかで苦悩する様子が描かれます。被差別階級とは、江戸時代に確立された身分制度「士農工商」のどれにも含まれない人々のことをさします。彼らはある地区にまとまって住 […]

モーパッサン『女の一生』作品紹介

 1883年に発表したされた、ギ・ド・モーパッサンの長編『女の一生』を紹介します。モーパッサン(1850年〜1893年)は、ノルマンディーで生まれ、パリで活躍した自然主義の作家です。短編小説が有名ですが、6つの長編小説を残していて、日本では島崎藤村などが影響を受けたと言われています。今回紹介する『女の一生』は、ロシアの文豪レフ・トルストイが、「モーパッサンの著作の中で最高の小説というだけでなく、ユ […]

ヘッセ『車輪の下』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 ドイツ文学の巨匠、ヘルマン・ヘッセの『車輪の下』を紹介します。ヘッセは神学校に入学するも半年で退学し、その後精神病院に入院しています。彼の少年時代と、この物語の主人公ハンス・ギーベンラートの人生は似通った部分が多く見受けられ、ヘッセの自伝的作品と言われています。将来を期待された少年であったハンスが、周囲の人々によって徐々にスポイルされていく様子は、教育戦争が激化する現代においてますます身近な問題 […]

山本周五郎『赤ひげ診療譚』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 1958年に発表された『赤ひげ診療譚』を紹介します。現代においてもドラマやCMに度々登場する、「赤髭」こと新出去定がこの小説の主人公です。去定は江戸の貧民救済施設である小石川養生所の医長を勤める人物です。一見、乱暴者のように見えますが、常に貧しい人たちのことを考え、医術の知識は超一流、喧嘩をすれば六人のならずものを一気に打ちのめします。まさに「弱きをたすけ強きをくじく」といった彼の行動は、常に読 […]