MONTH

2021年2月

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の登場人物、あらすじ、感想

 『田園交響楽』は、一九一九年に発表された、ノーベル賞作家アンドレ・ジッドの小説です。 タイトルにもなっている『田園交響楽』は、この作品中の象徴的な場面で使われている、ベートーヴェン作曲の『交響曲第六番(田園)』のことを指しています。  アンドレ・ジッドは一八六九年のパリに生まれた作家です。彼は二十六歳の頃、少年時代から憧れ続けていた従姉マドレーヌとの結婚を果たします。しかし純粋すぎる妻が自分との […]

スコット・フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』の詳しいあらすじ

スコット・フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク 第一章  語り手のニック・キャラウェイが今よりも年若く、傷つきやすかった頃、父親からある忠告を与えられました。  それは、人を批判したくなったときには、この世の中の人が自分のように恵まれているわけではないということを考えてみよ、というものでした。  ニックはこの忠告を心 […]

谷崎潤一郎『猫と庄造と二人のおんな』の登場人物、あらすじ、感想

 『猫と庄造と二人のおんな』は、1936年(昭和11年)に発表された谷崎潤一郎の小説です。タイトルの通り、一匹の猫を巡って、その猫の飼い主である庄造という男と、その庄造の前の妻と現在の妻が織りなす人間模様が描かれた作品です。美しい日本語を書く谷崎潤一郎の小説の中でも、非常に読みやすく、入門書としてお勧めしたい作品です。 このページでは、『猫と庄造と二人のおんな』の登場人物、あらすじ、感想を紹介しま […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の詳しいあらすじ

アンドレ・ジッド作『田園交響楽』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『田園交響楽』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。目次を開いてもネタバレします。 ジェルトリュードとの出会い  牧師である「私」のところに、ある見知らぬ小娘が大急ぎでやってきて、息を引き取りそうな老婆を看取ってほしいと言いました。 「私」は、その娘を馬車に乗せ、老婆の […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『戦争と平和』は、1865年から1869年にかけて発表された、レフ・トルストイの長編小説です。 ロシアにとって激動の時代であった、対ナポレオン戦争の間の1805年から1813年(エピローグを含めると1820年まで)を舞台とし、史実と創作を織り交ぜながら、その時代に生きる人々のドラマが描かれた作品です。  多くの優れた作家を輩出した19世紀は、ロシア文学史における黄金時代と言われています。トルスト […]

谷崎潤一郎『猫と庄造と二人のおんな』の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『猫と庄造と二人のおんな』のあらすじを詳しく紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『猫と庄造と二人のおんな』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。 品子にリリーを預ける庄造  蘆屋の旧国道で荒物屋を開く石井庄造の妻・福子は、庄造の前妻である品子からの手紙を受け取りました。 庄造にその手紙を読まれないよう、他人の名前を使って書かれたその手紙の中には、庄造と暮らしてい […]