CATEGORY

チャールズ・ディケンズ

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の登場人物、あらすじ、感想

 『クリスマス・キャロル』は、1843年に出版された、チャールズ・ディケンズの小説です。 冷酷でけちな老人スクルージが、以前の共同経営者であったマーレイの幽霊と、そのマーレイの幽霊によって呼び起こされた過去、現在、未来の幽霊の導きによって親切な心を取り戻す、心温まる物語です。  イギリスの国民的作家といわれるディケンズの作品の中では最も知名度の高い作品で、あのドナルド・ダックの叔父の「スクルージお […]

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじを紹介するページです。 クリスマス・キャロル (字幕版) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『クリスマス・キャロル』トップ) 第一章 マーレイの亡霊  交際を嫌う孤独な男、エブニゼル・スクルージは、唯一の友人で共同経営者であったジェイコブ・マーレイを七年前に亡くしてから、「スクルージ・マーレイ合 […]

ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 一八五〇年に刊行された、ディケンズ最大の長編『デイヴィッド・コパフィールド』(David Copperfield)を紹介します。 チャールズ・ディケンズ(一八一二年~一八七〇年)はイギリスのポーツマス出身の作家です。父親は金銭感覚に乏しく、債務者監獄に収監されたため、ディケンズは学校を卒業できず工場で働きました。そのためディケンズには正式な教育がありませんでした。それにも関わらず、彼は『クリスマ […]

ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物

『デイヴィッド・コパフィールド』トップ 『デイヴィッド・コパフィールド』のあらすじはこちら デイヴィッド・コパフィールド 全5冊 (岩波文庫) デイヴィッド・コパフィールド 主人公。物語の語り手。父親の死後に産まれた。母親のクレアラと、手伝い娘のペゴティーに育てられ、幸せな幼少期を送るが、クレアラが厳格な信仰心を持つミスター・マードストンと結婚すると、虐待を受け、それに反抗したのをきっかけにセーラ […]