ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 一八五〇年に刊行された、ディケンズ最大の長編『デイヴィッド・コパフィールド』(David Copperfield)を紹介します。
 チャールズ・ディケンズ(一八一二年~一八七〇年)はイギリスのポーツマス出身の作家です。父親は金銭感覚に乏しく、債務者監獄に収監されたため、ディケンズは学校を卒業できず工場で働きました。そのためディケンズには正式な教育がありませんでした。それにも関わらず、彼は『クリスマス・カロル』、『二都物語』、『オリヴァー・ツウィスト』などの名作を生み出し、今日にいたるまでイギリスの国民的作家として知られています。
 今回紹介する『デイヴィッド・コパフィールド』は、ディケンズの作品の中でも、最も優れた作品と言われています。特徴的な登場人物に、綿密に計算されたストーリー展開は、長大な作品であるにも関わらず、全く飽きさせることがありません。
 また、この作品はディケンズの自伝的作品と言われており、冒頭の前書きの中では以下のように語られます。

本書が、小生の全著作の中で一番気に入っています。小生は、自分の想像力が生んだどの子供たちにも甘い親であり、小生をおいてそういう家族のことを心から大切に思える人間は他にはいないということは、容易に納得していただけるのではないでしょうか。それでも子供に甘い多くの親の例に漏れず、小生にも心ひそかに可愛い子というものがあります。その子の名前はデイヴィッド・コパフィールドです。

『デイヴィッド・コパフィールド』岩波文庫  石塚裕子訳

 全て読破するのにある程度の時間はかかりますが、この『デイヴィッド・コパフィールド』の世界に入り込んで、数日間(または数ヶ月)を過ごしてみてはいかかでしょうか?

デイヴィッド・コパフィールド 全5冊 (岩波文庫)

『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物

『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物はこちら

『デイヴィッド・コパフィールド』のあらすじ

詳しいあらすじはこちら

※ネタバレです。

 デイヴィッド・コパフィールドは、父親の死後に生まれましたが、母親のクレアラと、手伝い娘のペゴティーに育てられ、幸せな幼少期を送っていました。しかし、クレアラがミスター・マードストンと再婚すると、虐待を受けるようになり、それに反抗したのをきっかけに、デイヴィッドはセーラム学園へと送られます。セーラム学園では、年上のスティアフォースや同級生のトラドルズといった友達に恵まれますが、鞭を持った校長先生が支配する、よい環境とは言えない学校でした。
 また、デイヴィッドはこの時期に、ペゴティーの兄のダニエル・ペゴティー、甥のハム・ペゴティー、姪のエミリーを知り、エミリーに恋心を抱きます。

 学生生活を送っていたデイヴィッドに、クレアラが死去したという報せが届きます。悲嘆にくれるデイヴィッドは、ミスター・マードストンが株を持つ「マードストン=グリンビー商会」で、ワインの壜詰の仕事をさせられることになりました。
 「マードストン=グリンビー商会」で働くデイヴィッドの下宿を提供したミスター・ミコーバーは、何度も借金を作り、その度に破産している人物でした。ミスター・ミコーバーが債務者監獄に入ると、デイヴィッドもまたミコーバーの家族と共に監獄で暮らすことになりますが、ミスター・ミコーバーが釈放されて去っていくと、孤独になり、この惨めな生活から抜け出すために、唯一の親戚であった大叔母のベッツィー・トロットウッドを訪ねました。
 母親のクレアラから恐ろしい噂を聞いていたので、デイヴィッドはベッツィーを恐れていましたが、ぼろぼろになりながら自分を訪ねてきたデイヴィッドにベッツィーは優しく接します。デイヴィッドは、ベッツィーによってカンタベリーの新しい学校に入れられ、法律事務所を営むミスター・ウィックフィールドの家に住居の提供を受け、その娘のアグネスや、使用人のユライア・ヒープを知ることになります。アグネスとは親しくなり、デイヴィッドは姉のように慕います。

 学校を卒業したデイヴィッドは、ベッツィーの手ほどきで、ロンドンにあるミスター・スペンロウが経営する法律事務所に入り、ミスター・スペンロウの娘のドーラに一目惚れをして婚約します。ミスター・スペンロウの死やベッツィーの破産という苦難を乗り越え、速記の記者になる努力を重ねた結果、デイヴィッドは作家として身を立てられるようになり、ドーラとの結婚にこぎつけます。

 その後、ユライア・ヒープに雇われていたミスター・ミコーバーが、ヒープの悪事を告発するのを見届け、ヒープに支配されそうになっていたミスター・ウィックフィールドとアグネスを助けます。

 ドーラの死、ハムの死、エミリーと駆け落ちしたスティアフォースの死、ミスター・ペゴティー、エミリー、ミコーバー一家のオーストラリアへの旅立ちを経験したデイヴィッドは、孤独を深めると、海外への旅に出ます。そして三年間の旅の間に、アグネスへの愛に気づき、帰国します。

管理人のコメント

 『デイヴィッド・コパフィールド』は、小説の魅力を全て兼ね備えている作品と言っても過言ではない作品でしょう。

 まずは個性的で魅力的な登場人物の数々です。恐れられながらも実は優しい性格で、デイヴィッドに生きる指針を与えるベッツィー・トロットウッド、ハンサムで物知り、おまけに社交性抜群でデイヴィッドの憧れになるも、内面は傲慢で、他人を巻き込んでいく深い業のようなものを持つスティアフォース、常に周りのことを考え、デイヴィッドに生きる規範を示すミスター・ペゴティー、金銭感覚に乏しく、度重なる破産をしてもどこか楽天的なミスター・ミコーバー、卑しい身分で常に卑屈な態度をとっていても、内心は上流階級への憎悪で満たされ、悪巧みを働くユライア・ヒープ、その愛らしさでデイヴィッドを魅了し続けたドーラ、そして優しく深い愛でデイヴィッドを正しい方向へ導いていくアグネスなど、バラエティーに富んだ彼らの個性は、枚挙にいとまがありません。身の回りの誰かが、この作品の中の誰かに、やや大げさに表現されている、なんてことを感じる人も多いのではないでしょうか。
 ちなみに、このようにデフォルメされた登場人物が大活躍する文学作品を生んだイギリスに対し、フランスでは、自然主義文学がまさに花開こうとする時代でした。自然主義文学の代表作であるフローベールの『ボヴァリー夫人』が生まれたのが、この『デイヴィッド・コパフィールド』が出版されてから、わずか七年後の1857年ということですから、これは面白い対比であると思います。

 このような登場人物たちに囲まれて成長していくデイヴィッドは、生まれる前に父親を亡くし、その後現れた義理の父親マードストンに虐待されながらも、持ち前の行動力と頭の良さで、自分の運命を切り開いていきます。それと同時に、彼は感受性豊かで優しい心根を持ち、常に周りの人々への感謝を忘れません。ときに過ちを犯すこともありますが、他の登場人物からも読者からも愛される主人公という、小説の魅力を引き立てる役割を、デイヴィッドはしっかりと全うしています。

 そしてこの長大な小説には、ありとあらゆる場面に、その他の場面へとつながる伏線が張り巡らされ、それらがすべて回収されます。登場人物たちは複雑に絡み合い、出会い、別れを繰り返します。長大な小説ゆえに、なかなかすべてを把握し続けるのは困難ですが、その分しっかりと読めば読むほど、このストーリー展開には舌を巻かずにはいられません。

 最後に、さまざまな紆余曲折を経て、デイヴィッドがアグネスと結婚するというのは、なんと爽やかな感動を与えてくれることでしょう。幼馴染とのハッピーエンドという、鉄板とも言える内容ですが、「奇をてらう」ことなく、読者が求めていることにしっかりと応えてくれています。あたりまえのようで、ディケンズの手腕が発揮されている結末と言えるでしょう。

 やや大げさにデフォルメされた魅力的な主人公と名脇役たち、綿密に計算されたストーリー構成、そして期待通りのハッピーエンドと、小説を楽しむための要素がぎゅっとつまったこの『デイヴィッド・コパフィールド』は、長大な小説ですが、その分読破してこそ得られる感動はひとしおです。