TAG

あらすじ

ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)は、一八七一年に発表されたルイス・キャロルの作品です。 一八六五年に発表された『不思議の国のアリス』(Alice’s Adventures in Wonderland)の続編で、鏡の中の世界に舞いこんだアリスは、チェス盤のように区切られた世界を進みながら女王 […]

森鴎外『阿部一族』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『阿部一族』は、一九一三年に発表された森鴎外の短編小説です。 江戸時代初期、熊本藩初代藩主である細川忠利の一周忌に、家臣である阿部権兵衛が自分の髻(ちょんまげのことです)を位牌に添えて投獄されたことで、他の兄弟をはじめとする阿部一族が屋敷に籠城し、細川家に仕える武士たちによって討ち取られた事件を題材にした作品です。鴎外が数多く残した歴史小説の中でも代表的な作品で、この時代に生きた武士たちのすさま […]

森鴎外『うたかたの記』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『うたかたの記』は、一八九〇年に発表された森鴎外の短編小説です。 鴎外のドイツ三部作(他の二作品は『舞姫』と『文づかい』です。)と呼ばれる、主にドイツを舞台とした初期作品の二番目に当たり、ミュンヘンに留学中の画学生・巨勢と、数奇な人生を辿り美術学校のモデルとなっている少女マリイとの、儚い運命が描かれます。 作中に登場する国王は、実在したバイエルン国王のルートヴィヒ二世です。彼は建築や音楽に金を惜 […]

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の登場人物、あらすじ、感想

 『マクベス』は、シェイクスピアの四大悲劇(他の三作品は『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』)のうち最後の作品です。最初の上演のはっきりとした記録は残っていませんが、少なくとも、一六一一年には上演が行われた記録が残っています。出版は、シェイクスピアの死後の一六二三年と言われています。  この作品の主人公マクベスは、一〇四〇年から一〇五七年までの十七年間、スコットランド王として君臨した実在の人物 […]

スコット・フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』の登場人物、あらすじ、感想

 『グレート・ギャツビー』は、一九二五年に出版された、スコット・フィツジェラルドの長編小説です。 フィツジェラルドは、第一次世界大戦前までの旧来の価値観とは一線を画す、新しい価値観を模索した「ジャズ・エイジ」と呼ばれる世代の中心的人物として、好景気に湧くアメリカを象徴する存在にまで押し上げられた作家です。 一九二〇年に華々しいデビューを果たしたフィツジェラルドは、その後も大衆的な娯楽小説を数多くヒ […]

森鴎外『舞姫』の登場人物紹介、詳しいあらすじ、感想

 『舞姫』は、一八九〇年に発表された、森鴎外の代表作です。 十九歳で東京大学医学部を卒業後、病院勤務を経て陸軍軍医本部に勤めるようになった鴎外は、一八八四年に衛生学を学ぶためにドイツ行きを命じられ、一八八八年にかけて、ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘンなどの主要都市を転々としながら、留学生活を送ります。 帰国後、彼は本格的に文筆活動を開始し、小説として初めて発表されたのが『舞姫』です。 […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の登場人物、あらすじ、感想

 『田園交響楽』は、一九一九年に発表された、ノーベル賞作家アンドレ・ジッドの小説です。 タイトルにもなっている『田園交響楽』は、この作品中の象徴的な場面で使われている、ベートーヴェン作曲の『交響曲第六番(田園)』のことを指しています。  アンドレ・ジッドは一八六九年のパリに生まれた作家です。彼は二十六歳の頃、少年時代から憧れ続けていた従姉マドレーヌとの結婚を果たします。しかし純粋すぎる妻が自分との […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『戦争と平和』は、一八六五年から一八六九年にかけて発表された、レフ・トルストイの長編小説です。 ロシアにとって激動の時代であった、対ナポレオン戦争の間の一八〇五年から一八一三年(エピローグを含めると一八二〇年まで)を舞台とし、史実と創作を織り交ぜながら、その時代に生きる人々のドラマが描かれた作品です。  多くの優れた作家を輩出した十九世紀は、ロシア文学史における黄金時代と言われています。トルスト […]

谷崎潤一郎『猫と庄造と二人のおんな』の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『猫と庄造と二人のおんな』のあらすじを詳しく紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『猫と庄造と二人のおんな』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。 品子にリリーを預ける庄造  蘆屋の旧国道で荒物屋を開く石井庄造の妻・福子は、庄造の前妻である品子からの手紙を受け取りました。 庄造にその手紙を読まれないよう、他人の名前を使って書かれたその手紙の中には、庄造と暮らしてい […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』(エピローグ)の詳しいあらすじ

 レフ・トルストイ作『戦争と平和』のエピローグのあらすじです。 エピローグ第一篇の主な舞台は1820年、つまり戦争によって崩壊した秩序を取り戻すために、アレクサンドル一世が中心となって治世を行ったウィーン体制の時代です 第四部の終わりから七年が経ち、ピエール、ニコライ、ナターシャ、マリアといった登場人物たちは、成熟した大人になっています。ドラマティックな展開であった第一部から第四部に比べると、この […]