CATEGORY

アントン・チェーホフ

アントン・チェーホフ『ワーニャ伯父さん』の登場人物、あらすじ、感想

 アントン・チェーホフ作『ワーニャ伯父さん』は、一八九七年に発表され、一八九九年にモスクワ芸術座で初演されました。『桜の園』、『かもめ』、『三人姉妹』と並び、チェーホフの四大戯曲と呼ばれる作品のうちのひとつです。  退職した大学教授セレブリャコーフが、病気を患って引っ越してきた田舎の領地がこの作品の舞台です。この領地は、セレブリャコーフの前の妻の地所であり、その前妻の兄であるワーニャ伯父さんが長年 […]

アントン・チェーホフ『かもめ』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

 ロシアのチェーホフの大劇作家、アントン・チェーホフの戯曲『かもめ』は、一八九五年に執筆され、一八九六年にサンクトペテルブルクのアレクサンドリンスキイ劇場で初演されました。当時の劇場での評価は非常に低く、主人公格のニーナの役で出演していた女優は、観客からの敵意に満ちた視線により、声が出なくなったと言われています(チェーホフはこの女優を、ロシアで最高の女優と褒め称えています)。チェーホフ自身「二度と […]