CATEGORY

ドイツ文学

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』の詳しいあらすじ

ヘルマン・ヘッセ作『車輪の下』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『車輪の下』トップ) 第一章  ハンス・ギーベンラートは、古くて小さな町の歴史の中でも最も聡明な子供でした。 仲介人で代理店の店主である父親のヨーゼフ・ギーベンラートは平凡な人間で、母親はだいぶ前に死んでいました。 この小さな町で成績優秀な子供は、州の試験を受けて神学 […]

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 ドイツ文学の巨匠、ヘルマン・ヘッセの『車輪の下』を紹介します。ヘッセは神学校に入学するも半年で退学し、その後精神病院に入院しています。彼の少年時代と、この物語の主人公ハンス・ギーベンラートの人生は似通った部分が多く見受けられ、ヘッセの自伝的作品と言われています。将来を期待された少年であったハンスが、周囲の人々によって徐々にスポイルされていく様子は、教育戦争が激化する現代においてますます身近な問題 […]