CATEGORY

山本周五郎

山本周五郎『赤ひげ診療譚』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 1958年に発表された『赤ひげ診療譚』を紹介します。現代においてもドラマやCMに度々登場する、「赤髭」こと新出去定がこの小説の主人公です。去定は江戸の貧民救済施設である小石川養生所の医長を勤める人物です。一見、乱暴者のように見えますが、常に貧しい人たちのことを考え、医術の知識は超一流、喧嘩をすれば六人のならずものを一気に打ちのめします。まさに「弱きをたすけ強きをくじく」といった彼の行動は、常に読 […]