CATEGORY

山本周五郎

山本周五郎『赤ひげ診療譚』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 1958年に発表された『赤ひげ診療譚』を紹介します。現代においてもドラマやCMに度々登場する、「赤髭」こと新出去定がこの小説の主人公です。去定は江戸の貧民救済施設である小石川養生所の医長を勤める人物です。一見、乱暴者のように見えますが、常に貧しい人たちのことを考え、医術の知識は超一流、喧嘩をすれば六人のならずものを一気に打ちのめします。まさに「弱きをたすけ強きをくじく」といった彼の行動は、常に読 […]

山本周五郎『赤ひげ診療譚』の詳しいネタバレあらすじ

『赤髭診療譚』トップ 狂女の話 ネタバレ登場人物 おゆみ類稀なる美貌の持ち主であったため、幼い頃から手代に悪戯され、その後も男に脅され関係を持ったため、男女の営みを悪いことだと思い込む。男を誘惑して殺すようになったため、小石川養生所に隔離されている。 お杉奉公でおゆみに仕えている。登と親しくなり、頻繁に会うようになる。(この後の短編にも度々登場します。) お雪養生所の台所で働く。森半太郎のことを慕 […]