MONTH

2020年6月

ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『脂肪の塊』の詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪のかたまり (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物、解説、感想はこちら  普仏戦争で敗残したフランスの部隊がルーアンの町を敗走し、その翌日、プロシア軍が町を通り抜けて行きました。住民たちはその様子を家の中からこっそり観察し、自分たちの生活が蹂躙されるであろうことに狼狽しました。敵兵はそ […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の登場人物、あらすじ、感想

 『嵐が丘』(Wuthering Heights)は、「ブロンテ姉妹」の一人、エミリー・ブロンテによる、一八四七年に発表された長編小説です。ブロンテ姉妹は、イングランドのヨークシャー地方の牧師の家に生まれた三女のシャーロット、四女のエミリー、五女の妹アンのことを指し、三人はそれぞれ、イギリスの文学に多大な影響を及ぼした作家として知られています。 『嵐が丘』は、エミリーのデビュー作であり、唯一の長編 […]

芥川龍之介『六の宮の姫君』の登場人物、あらすじ、感想

芥川龍之介作『六の宮の姫君』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 芥川龍之介全集〈第9巻〉トロツコ・六の宮の姫君 ※ネタバレ内容を含みます。 『六の宮の姫君』の登場人物 六の宮の姫君昔気質の父母から寵愛を受け、喜びも悲しみも知らずに育つ。父母亡き後、乳母が育ての親となり、その乳母に勧められるがまま、丹波の国の国司だった男の妻となる。 姫君の乳母姫君の父母亡き後、働 […]

芥川龍之介『藪の中』の登場人物、あらすじ、感想

芥川龍之介作『藪の中』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 藪の中 (講談社文庫) ※芥川龍之介のおすすめ作品はこちら 『藪の中』の登場人物 武弘(たけひろ)若狭の官僚の侍。二十六歳。藪の中で胸元を刺され、死んでいるところを発見される。 真砂(まさご)武弘の妻。十九歳。武弘の遺体が見つかった後、行方不明になっている。 多襄丸(たじょうまる)名高い盗人。女好きで、人 […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の詳しい登場人物紹介

エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』の登場人物を詳しく紹介するページです。 ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら ※『嵐が丘』の詳しいあらすじはこちら ※ネタバレ内容を含みます。 ※このサイトでは、母親のキャサリン・アーンショウをキャサリン、娘のキャサリン・リントンをキャシーと表記しています。 ヒースクリフ生れは不明。孤児であった幼い頃にリバプールで飢え死にしそうになっていたところを、先代のアー […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の詳しいあらすじ

エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』の詳しいあらすじを章ごとに紹介するページです。 Wuthering Heights (Penguin Classics) ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら ※詳しい登場人物紹介はこちら ※ネタバレ内容を含みます。 第一章  一八〇一年、人間嫌いのロックウッドは、社交界から遠ざかるため、ヨークシャーの荒凉たるイングランドの土地「嵐が丘」(ワザリング・ハイツ)にや […]

芥川龍之介『地獄変』の登場人物、あらすじ、感想

芥川龍之介作『地獄変』の登場人物、あらすじを詳しく紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 蜘蛛の糸・地獄変 (角川文庫) 『地獄変』の登場人物 堀川の大殿様誕生の際に大威徳明王の姿が母親の夢枕に現れるほど、生まれつきから並みの人間とは異なり、下々のものとともに天下を楽しむことのできる度量ある人物に思われている。妖怪の行列に出会っても怯むことなく、河原院に出る幽霊にさえ叱りつけたという逸話 […]