CATEGORY

アメリカ文学

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の登場人物、あらすじ、感想

 『トム・ソーヤの冒険』は、1876年に発表されたマーク・トウェインの代表作です。開拓時代のアメリカを舞台にした、いたずら好きの腕白少年トム・ソーヤが繰り広げる冒険譚で、発表から百五十年ほど経った現代でも、世界中で愛される作品です。子供向け文学として捉えられている向きがありますが、ユーモアに満ちた語り口と、スリリングなストーリーは、大人も楽しめる内容となっています。 このページでは、『トム・ソーヤ […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の詳しい登場人物紹介

マーク・トウェイン作『トム・ソーヤの冒険』の登場人物を詳しく紹介するページです。 トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『トム・ソーヤの冒険トップ』) ※『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじはこちら トム・ソーヤミシシッピ川沿いのセント・ピーターズバーグに住む少年。両親がおらず、母親の姉にあたるポリー伯母さんに養育 […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじ

マーク・トウェイン作『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじを紹介するページです。 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『トム・ソーヤの冒険トップ』) ※『トム・ソーヤの冒険』の詳しい登場人物紹介はこちら ペンキ塗り  ミシシッピ川沿いの村、セント・ピーターズバーグに住む少年トム・ソーヤは、手に負えない子供でした。トムは両親が […]

ハーマン・メルヴィル『白鯨』の登場人物、あらすじ、感想

ハーマン・メルヴィル作『白鯨』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要と管理人の感想も。 白鯨 上 (岩波文庫) 『白鯨』の登場人物 ※もっと詳しい登場人物紹介はこちら イシュメール語り手。捕鯨の一大基地ニュー・ベッドフォードで異教徒クイークェグと出会い、ともにピークオッド号へと乗り込む。 エイハブピークオッド号の隻脚の船長。鯨骨でできた義足をはめている。かつて自分の片脚を奪った白鯨へ […]

ハーマン・メルヴィル『白鯨』の詳しい登場人物紹介

ハーマン・メルヴィル作『白鯨』(Moby-Dick; or, The Whale)の登場人物を詳しく紹介するページです。 白鯨との闘い(吹替版) ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、管理人の感想はこちら ※『白鯨』の詳しいあらすじはこちら ピークオッド号の船員 イシュメール憂鬱な気分になると水夫として船に乗り込む生活を送り、ピークオッド号に乗るまでに四回の商船による航海を行っていた。高い賃金と綺麗な空 […]

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の登場人物

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 ※『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじはこちら ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら ハックルベリー・フィンの冒険(上) (光文社古典新訳文庫) ハックルベリー・フィン主人公。前作『トム・ソーヤの冒険』では、通称「宿なしハック」として登場し、泥棒たちが洞穴に隠した金 […]