MONTH

2021年1月

レフ・トルストイ『戦争と平和』(第四部)の詳しいあらすじ

 レフ・トルストイ作『戦争と平和』第四部のあらすじです。第四部では、ボロジノ戦後、ロシア各地で繰り広げられる登場人物たちのドラマが描かれます。ロシア人はモスクワを放棄し、軍人以外の農民、地主、僧ら、あらゆる階層の人々がパルチザンと呼ばれるゲリラを組織し、撤退しゆくフランス軍を攻撃します。いわゆる総力戦の様相を呈す中、この作品の登場人物たちも、かつてない厳しい生活を強いられます。肉体、精神の極限とも […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』(第三部)の詳しいあらすじ

 レフ・トルストイ作『戦争と平和』第三部のあらすじです。第三部は、1812年6月のナポレオン軍のネマン河渡河から、同年8月のボロジノの戦い、そして9月のモスクワ大火までが舞台となっています。第一部、第二部で急ピッチに進んでいた物語は、この作品中の最大のクライマックスであるボロジノ戦を迎え、じっくりと凝縮されます。ロシア本国で祖国戦争と言われる大事件の渦中で、ピエール、アンドレイ、ナターシャ、ニコラ […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』(第二部)の詳しいあらすじ

 レフ・トルストイ作『戦争と平和』第二部のあらすじです。第二部の舞台は、1806年のアウステルリッツ戦の敗戦後のモスクワから始まります。その翌年、ナポレオンとアレクサンドル一世の会見によって締結されたティルジット条約により、ロシア国民は、フランスに対する屈辱を感じながらも束の間の平和を満喫します。内政では、ロシア自由主義の祖と言われるスペランスキーが絶頂期を迎え、立憲制国家を目指した改革を推し進め […]

レフ・トルストイ『戦争と平和』(第一部)の詳しいあらすじ

レフ・トルストイ作『戦争と平和』(第一部)の詳しいあらすじです。文豪と言われるトルストイの作品の中でも最大の長編で、日本語訳の文庫本で約3000ページにも及ぶ大作です。このブログでは、第一部から第四部およびエピローグを分けて紹介します。 戦争と平和(一)(新潮文庫) ※ネタバレです。目次を開いてもネタバレします。 ※他の部分のあらすじはこちら第二部  第三部  第四部  エピローグ(準備中) 第一 […]