MONTH

2019年8月

宮沢賢治『注文の多い料理店』の作品紹介

宮沢賢治作『注文の多い料理店』のあらすじ、概要を紹介します。 リンク 『注文の多い料理店』の登場人物 二人の若い紳士猟をするために山奥を歩いている。イギリスの兵隊の格好をしている。 『注文の多い料理店』のあらすじ ネタバレ内容を含みます。  二人の若い紳士が山奥を歩いていました。あまりに山奥だったので、案内してきた鉄砲撃ちもどこかへ行ってしまい、連れてきた二匹の白熊のような犬もめまいを起こして死ん […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

 『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)は、一八一三年に出版された、イギリスの女流作家ジェーン・オースティン(一七七五年〜一八一七年)の作品です。それより以前の一七九七年、オースティンは『高慢と偏見』の元となった作品『第一印象』を脱稿し、父親が自費出版で出してもらえないかと出版社に依頼しましたが、断られていました。その後、オースティンはいくつかの作品を出版し […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』の詳しいあらすじ

 ジェーン・オースティン作『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)のあらすじを紹介するページです。 リンク ※『高慢と偏見』の登場人物はこちら ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『高慢と偏見』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。 ジェーンとエリザベスのネザーフィールド滞在  ロングボーンにあるベネット家の近所のネザーフィールドに、イング […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』の詳しい登場人物紹介

ジェーン・オースティン作『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)の登場人物を詳しく紹介するページです。 リンク ※『高慢と偏見』の詳しいあらすじはこちら ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『高慢と偏見』トップページ) ベネット氏 ロングボーンにある邸宅に住み、五人の若い姉妹を抱える。若さと美しさに惹かれて妻と結婚したが、理解力が低い女であった […]

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の登場人物、あらすじ、感想

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』のあらすじ、感想を紹介するページです。 リンク 『老人と海』の登場人物 老人(サンチャゴ) ハバナ近郊の町に住む漁師。痩せて深い皺が刻まれ、頬にはしみができ、過去に網を操ってつけた深い傷跡を持つが、眼だけは不屈な正気がある。妻は故人。アフリカに通う船の水夫だったことがある。八十四日も一匹も魚を釣っていなかった。 少年 五歳の頃から老人の船に乗り込んでいたが、 […]

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の詳しいあらすじ

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 簡単なあらすじはこちら(『老人と海』トップ)  少年は、五歳の頃から漁の術を教えてくれた老人を慕っていました。二人は一緒に魚をとっていましたが、一匹も釣れない日が四十日続くと、少年の両親は、彼を他の船へと乗り込ませてしまいました。その後も老人は一人で漁に出ましたが、釣れない日数は八十四日になっていました。 少年 […]

太宰治『斜陽』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

 『斜陽』は、一九四七年に発表されました。太宰治が作家としての地位を既に築いた後に書かれたこの作品は、発売と同時にベストセラーとなり、没落した貴族のことを指す斜陽族という言葉が流行語にもなりました。現代では、『人間失格』と並ぶ、太宰治の代表作として広く知られています。 没落していく貴族の母、その母親を想いながらも、自分の中に母を弱らせる恐ろしい蛇がいると思うかず子、かず子の弟で阿片中毒の直治、直治 […]

太宰治『斜陽』の詳しいネタバレあらすじ

太宰治作『斜陽』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 大まかなあらすじはこちら(『斜陽』トップ) 一  かず子の母はスープをひとさじ吸って、「あ」とかすかな叫び声をあげました。かず子はスープにイヤなものでも入っていたのかと聞きましたが、母は何事もなかったようにスープをひらりと飲みました。母の食事の仕方は、礼儀作法には外れていましたが、かず子の目にはとても可愛らしく、エロティックに […]

ニコライ・ゴーゴリ『鼻』の登場人物、あらすじ、感想

 ウクライナ生まれの作家ニコライ・ゴーゴリ(一八〇九年〜一八五二年)の代表作の一つである『鼻』は、一八三六年に発表されました。 ペテルブルクに住む八等官コワリョーフの鼻が、ある日突然なくなる物語です。その鼻は、コワリョーフの髭をいつも剃っているイワン・ヤーコウレヴィッチの食卓に出たパンの中から出てくるというばかりか、五等官の格好をしてコワリョーフの前に現れ、元に戻るのを嫌がって、リトアニアのリガに […]