CATEGORY

フランス文学

スタンダール『赤と黒』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『赤と黒』は一八三〇年に出版されたスタンダール(一七八三年〜一八四二年)の代表作です。フランス東部の架空の町ヴェリエールを舞台に、製材所の息子からの立身出世を狙う主人公ジュリヤン・ソレルの、町長の妻レーナル夫人と名門の令嬢マチルドという二人の女性との恋愛劇を通して、復古王政と呼ばれる時代のフランスの世相を描いた作品です。 復古王政とは、第六次対仏大同盟による数々の戦闘でナポレオンが退位に追い込ま […]

スタンダール『赤と黒』の詳しい登場人物紹介

スタンダール『赤と黒』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじはこちら 主な登場人物 ジュリヤン・ソレルヴェリエール(フランス東部にあるとされる架空の町)の小川のほとりにある製材所の息子。一見弱々しく小柄な青年 […]

スタンダール『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじ

スタンダール作『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※第一部の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』の詳しい登場人物紹介はこちら パリに着いたジュリヤン・ソレル  ジュリヤンは、郵便馬車へ乗り込み、パリへと向かいました。同乗は、レーナル家の家を安値で落札したサン=ジローと、レ […]

スタンダール『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじ

スタンダール作『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※第二部の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』の詳しい登場人物紹介はこちら レーナル氏の家庭教師になったジュリヤン・ソレル  ドゥー川に面したフランス東部の町ヴェリエールの町長レーナル氏は、釘製造工場を持っており、その工場 […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の登場人物、あらすじ、感想

 『田園交響楽』は、一九一九年に発表された、ノーベル賞作家アンドレ・ジッドの小説です。 タイトルにもなっている『田園交響楽』は、この作品中の象徴的な場面で使われている、ベートーヴェン作曲の『交響曲第六番(田園)』のことを指しています。  アンドレ・ジッドは一八六九年のパリに生まれた作家です。彼は二十六歳の頃、少年時代から憧れ続けていた従姉マドレーヌとの結婚を果たします。しかし純粋すぎる妻が自分との […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の詳しいあらすじ

アンドレ・ジッド作『田園交響楽』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『田園交響楽』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。目次を開いてもネタバレします。 ジェルトリュードとの出会い  牧師である「私」のところに、ある見知らぬ小娘が大急ぎでやってきて、息を引き取りそうな老婆を看取ってほしいと言いました。 「私」は、その娘を馬車に乗せ、老婆の […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の登場人物、あらすじ、感想

 マノン・レスコーは、1731年に出版されたアベ・プレヴォ(アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル)の長編小説です。 アベ・プレヴォは、1679年、フランス北部の町の検事の次男として生まれた人物で、修道僧として勉強した後で軍隊に入り、オランダに渡ると二人の女性と結婚して別れたと言われています。その後フランスへ戻り、修道院生活を送りながら文筆活動を行うも、宗教の掟に反して追放され、イギリスへ渡 […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の詳しい登場人物紹介

アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル(アベ・プレヴォ)作『マノン・レスコー』または『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単な登場人物紹介はこちら(『マノン・レスコー』トップ) ※『マノン・レスコー』の詳しいあらすじはこちら 私この物語の書き手。土地の相続に関する用事の帰りにパシーに立ち寄り、アメリカへ連 […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の詳しいあらすじ

アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル(アベ・プレヴォ)作『マノン・レスコー』または『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじはこちら(『マノン・レスコー』トップ) ※『マノン・レスコー』の詳しい登場人物紹介はこちら 第一部  娘のため、母方の祖母から権利をもらったある土地の相続に関する用事を […]

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想

『テリエ館』は1881年に発表されたモーパッサンの短編小説です。前年に発表された『脂肪の塊』によって名声を高めていたモーパッサンの、文壇での地位を確固たるものにした作品です。フランス北部の海辺の街フェカンにある娼館に勤める娼婦たちを主人公にした、賑やかで華やかな雰囲気の小説です。このページでは、『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『テリエ館』の […]