CATEGORY

フランス文学

レーモン・ラディゲ『肉体の悪魔』の詳しいあらすじ

レイモン・ラディゲ作『肉体の悪魔』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク マルトとの出会い  宣戦布告の数ヶ月前に十二歳を迎えた「僕」は、両親や歳下の弟妹と共に、マルヌ川のほとりのF‥町に住んでいました。 僕は十二歳の頃、カルメンという名の清純そうな少女に惹かれ、胸の内の述べた手紙を出したことがありました。 その後カルメンの両親がその恋文を校長に届け、校長はその手紙 […]

モリエール『人間ぎらい』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『人間ぎらい』(または『孤客(ミザンドロープ)』)は、1666年に発表されたモリエールの作品です。 モリエールは、コルネイユ、ラシーヌとともに古典劇の三大作家の一人として知られるフランスの国民的劇作家です。1622年1月15日、芸事の盛んなパリのトノレ街で生まれ、庶民出身でありながら、祖父の代が室内業者として国王に関与する仕事に就いていたため、上流の人々に混ざって古典や哲学を学んだ他、法律学を収 […]

モリエール『人間嫌い』の詳しいあらすじ

モリエール作『人間嫌い』または『孤客(ミザントロオプ)』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『人間ぎらい』トップページ) 第一幕 第一場  どのような場面でも自分の心の奥底をそのまま言葉に表さなければならないと考えている貴族の青年アルセストは、親友のフィラントが通りがかりの男に臆面もなく愛想良く振る舞い、接吻 […]

スタンダール『赤と黒』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『赤と黒』は一八三〇年に出版されたスタンダール(一七八三年〜一八四二年)の代表作です。フランス東部の架空の町ヴェリエールを舞台に、製材所の息子からの立身出世を狙う主人公ジュリヤン・ソレルの、町長の妻レーナル夫人と名門の令嬢マチルドという二人の女性との恋愛劇を通して、復古王政と呼ばれる時代のフランスの世相を描いた作品です。 復古王政とは、第六次対仏大同盟による数々の戦闘でナポレオンが退位に追い込ま […]

スタンダール『赤と黒』の詳しい登場人物紹介

スタンダール『赤と黒』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじはこちら 主な登場人物 ジュリヤン・ソレルヴェリエール(フランス東部にあるとされる架空の町)の小川のほとりにある製材所の息子。一見弱々しく小柄な青年 […]

スタンダール『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじ

スタンダール作『赤と黒』(第二部)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※第一部の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』の詳しい登場人物紹介はこちら パリに着いたジュリヤン・ソレル  ジュリヤンは、郵便馬車へ乗り込み、パリへと向かいました。同乗は、レーナル家の家を安値で落札したサン=ジローと、レ […]

スタンダール『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじ

スタンダール作『赤と黒』(第一部)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『赤と黒』トップページ) ※第二部の詳しいあらすじはこちら ※『赤と黒』の詳しい登場人物紹介はこちら レーナル氏の家庭教師になったジュリヤン・ソレル  ドゥー川に面したフランス東部の町ヴェリエールの町長レーナル氏は、釘製造工場を持っており、その工場 […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の登場人物、あらすじ、感想

 『田園交響楽』は、一九一九年に発表された、ノーベル賞作家アンドレ・ジッドの小説です。 タイトルにもなっている『田園交響楽』は、この作品中の象徴的な場面で使われている、ベートーヴェン作曲の『交響曲第六番(田園)』のことを指しています。  アンドレ・ジッドは一八六九年のパリに生まれた作家です。彼は二十六歳の頃、少年時代から憧れ続けていた従姉マドレーヌとの結婚を果たします。しかし純粋すぎる妻が自分との […]

アンドレ・ジッド『田園交響楽』の詳しいあらすじ

アンドレ・ジッド作『田園交響楽』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『田園交響楽』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。目次を開いてもネタバレします。 ジェルトリュードとの出会い  牧師である「私」のところに、ある見知らぬ小娘が大急ぎでやってきて、息を引き取りそうな老婆を看取ってほしいと言いました。 「私」は、その娘を馬車に乗せ、老婆の […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の登場人物、あらすじ、感想

 マノン・レスコーは、1731年に出版されたアベ・プレヴォ(アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル)の長編小説です。 アベ・プレヴォは、1679年、フランス北部の町の検事の次男として生まれた人物で、修道僧として勉強した後で軍隊に入り、オランダに渡ると二人の女性と結婚して別れたと言われています。その後フランスへ戻り、修道院生活を送りながら文筆活動を行うも、宗教の掟に反して追放され、イギリスへ渡 […]