CATEGORY

フランス文学

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の登場人物、あらすじ、感想

 マノン・レスコーは、1731年に出版されたアベ・プレヴォ(アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル)の長編小説です。 アベ・プレヴォは、1679年、フランス北部の町の検事の次男として生まれた人物で、修道僧として勉強した後で軍隊に入り、オランダに渡ると二人の女性と結婚して別れたと言われています。その後フランスへ戻り、修道院生活を送りながら文筆活動を行うも、宗教の掟に反して追放され、イギリスへ渡 […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の詳しい登場人物紹介

アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル(アベ・プレヴォ)作『マノン・レスコー』または『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 マノン・レスコー (光文社古典新訳文庫) ※もっと簡単な登場人物紹介はこちら(『マノン・レスコー』トップ) ※『マノン・レスコー』の詳しいあらすじはこちら 私この物語の書き手。土地の相続に関する用事の帰 […]

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の詳しいあらすじ

アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル(アベ・プレヴォ)作『マノン・レスコー』または『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』の詳しいあらすじを紹介するページです。 マノン・レスコー (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじはこちら(『マノン・レスコー』トップ) ※『マノン・レスコー』の詳しい登場人物紹介はこちら 第一部  娘のため、母方の祖母から権利をもらったある […]

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想

『テリエ館』は1881年に発表されたモーパッサンの短編小説です。前年に発表された『脂肪の塊』によって名声を高めていたモーパッサンの、文壇での地位を確固たるものにした作品です。フランス北部の海辺の街フェカンにある娼館に勤める娼婦たちを主人公にした、賑やかで華やかな雰囲気の小説です。このページでは、『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を […]

サン=テグジュペリ『星の王子さま』の登場人物、あらすじ、感想

 『星の王子さま』は、1943年に発表された、パイロットとしても知られるフランス人作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説です。 第二次世界大戦中、偵察隊として軍隊に召集されていたサン=テグジュペリは、ナチス・ドイツによる侵略でフランスが降伏したため、アメリカへ亡命しました。『夜間飛行』や『人間の土地』などの作品により、すでに作家としてのキャリアを積み上げていたサン=テグジュペリは、亡命先で […]

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『テリエ館』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪の塊・テリエ館 (講談社文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら 1  フェカンの街にあるテリエ館は、もともと宿屋を経営していた夫婦が、叔父から遺産として譲られて開いた娼家でした。夫の方は二年後に卒中で死に、寡婦となった妻のマダムは、常連客に何度も言い寄られましたが、何一つ浮つ […]

ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』の登場人物、あらすじ、感想

 『脂肪の塊』は、1880年に発表されたギ・ド・モーパッサンの短編小説です。母親が友人であった自然主義文学の巨匠フローベールと師弟関係を結んでいたモーパッサンは、若い頃から小説家としての技術を身につけていました。彼が30歳の頃、複数の作家が書いた普仏戦争を舞台とする短編小説から成る作品集『メダンの夕べ』に作品を出すこととなり、そのために書かれたのが、この『脂肪の塊』でした。『メダンの夕べ』が発表さ […]

サン=テグジュペリ『星の王子さま』の詳しいあらすじ

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ作『星の王子さま』の詳しいあらすじを紹介するページです。 星の王子さま (集英社文庫) ※簡単なあらすじ、登場人物、管理人の感想はこちら ※ネタバレ内容を含みます。 「ぼく」が描いたボアの絵  画家になる夢を抱いていた六歳のぼくは、象を飲み込んだボアの絵を描きました。しかし、その絵は、誰に見せても帽子にしか見られませんでした。そのためぼくは、今度は象を飲み込んだ […]

ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『脂肪の塊』の詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪のかたまり (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物、解説、感想はこちら  普仏戦争で敗残したフランスの部隊がルーアンの町を敗走し、その翌日、プロシア軍が町を通り抜けて行きました。住民たちはその様子を家の中からこっそり観察し、自分たちの生活が蹂躙されるであろうことに狼狽しました。敵兵はそ […]

アンドレ・ジッド『狭き門』の登場人物、あらすじ、感想

ノーベル賞作家アンドレ・ジッドの『狭き門』の登場人物、あらすじ、作品の概要、感想を紹介するページです。 狭き門 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 『狭き門』の登場人物 ジェローム・パリシエ語り手。十二歳にもなっていなかった頃に医者の父の亡くし、パリに移り住む。休暇のたびにル・アーヴル近郊のビュコラン家を度々訪れ、従姉のアリサと恋に落ちる。勉強好きで内省的な青年。 アリサ・ビュコランル・アー […]