MONTH

2020年8月

中島敦『李陵』の登場人物、あらすじ、感想

 『李陵』は、1943年、中島敦の没後に発表された短編小説です。匈奴と呼ばれる北方の騎馬民族との争いを繰り広げていた中国・前漢の時代に李陵、司馬遷、蘇武という三人の人物が辿ることとなった数奇な人生を描いた作品です。中国の歴史書に書かれている史実を題材に扱いながらも、登場人物たちの抱いていた苦しみや葛藤が緊張感のある文体で書かれており、中島敦の数ある名作の中でも、傑作との呼び声高い作品となっています […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじ

マーク・トウェイン作『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじを紹介するページです。 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『トム・ソーヤの冒険トップ』) ※『トム・ソーヤの冒険』の詳しい登場人物紹介はこちら ペンキ塗り  ミシシッピ川沿いの村、セント・ピーターズバーグに住む少年トム・ソーヤは、手に負えない子供でした。トムは両親が […]

伊藤左千夫『野菊の墓』の詳しいあらすじ

伊藤左千夫作『野菊の墓』のあらすじを詳しく紹介するページです。 野菊の墓 [DVD] ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら  矢切の渡しの東・矢切村の旧家の息子であった斎藤政夫は、思い出すと涙が止まらなくなる十年余り前のことを書き留めることに決めました。  当時、政夫は中学入学を控えた十五歳でした。家には、政夫の二歳上の従姉の民子が、仕事の手伝いや、病気を患っていた […]

中島敦『名人伝』の登場人物、あらすじ、感想

 『名人伝』は、1942年に発表された中島敦の短編小説です。中国の思想家、老子や荘子の教えを基礎とする「道家」の文献『列子』に収録されている挿話を題材にした作品で、弓の名人になろうとする紀昌の半生が書かれています。  ユーモアに富んだ語り口で、弓の名手たちの披露する、超自然的な技の数々を楽しみながら読むことのできる作品です。  このページでは、『名人伝』の登場人物、あらすじ、感想を紹介していきます […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の登場人物、あらすじ、感想

『ジーキル博士とハイド氏』(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)は、1886年に出版された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説です。二重人格が大きなテーマとして取り上げられ、立派な医師としての名声を持つジーキル博士と、その別人格である醜悪な男ハイド氏によって引き起こされる事件が書かれます。スティーヴンソンの代表作として有名で、「ジキルとハイ […]

中島敦『李陵』の詳しいあらすじ

中島敦作『李陵』の章ごとのあらすじを紹介するページです。 李陵・山月記 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら 一  天漢二(紀元前九十九年)九月、孝武帝(こうぶてい)の時代、漢の北辺では、匈奴の大部隊が現れ、殺人、略奪を繰り返していました。騎都尉(きとい、軍務を行う漢の官職)の李陵(りりょう)は、自分のために命を惜しまない五千人の部下とともに、匈奴 […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の詳しいあらすじ

ロバート・ルイス・スティーヴンソン作『ジーキル博士とハイド氏』のあらすじを詳しく紹介するページです。 ジーキル博士とハイド氏 (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら 戸口の由来  弁護士のアタスンとその従弟にあたるリチャード・エンフィールドは、固い友情で結ばれており、二人は毎週日曜に散歩に出かける習慣になっていました。  ある日、彼らはロンド […]