CATEGORY

太宰治

太宰治『グッド・バイ』の登場人物、あらすじ、感想

 『グッド・バイ』は、1948年に発表された太宰治の小説です。 朝日新聞社から連載小説の依頼を受けた太宰治が、不朽の名作『人間失格』を書き終えた後の、1948年の5月から書き始められた作品です。十三話から成り、そのうちの第一回から第十回までの原稿を朝日新聞社に渡した後、太宰治は愛人の山崎豊栄と玉川上水に入水し、自殺を遂げました。その後第十一回から第十三回までの原稿が残されているのが発見され、未完の […]

太宰治『冬の花火』の登場人物、あらすじ、感想

 『冬の花火』は、1946年に発表された太宰治の戯曲です。太宰治がデビュー後に残した二つの戯曲のうちのひとつ(もうひとつは『春の枯葉』)で、津軽地方のある部落にある地主の家を舞台に、敗戦後の日本で、新しい理想郷を夢見て傷ついていく人々が描かれます。 作品全体に漂う侘しい雰囲気や、やるせない思いを抱えて煩悶する登場人物など、太宰治らしさを失わないまま、戯曲ならではのドラマチックな展開を楽しめる作品と […]

太宰治『メリイクリスマス』の登場人物、あらすじ、感想

 『メリイクリスマス』は、1947年に発表された太宰治の短編です。 戦後まもなくの十二月の東京を舞台に、津軽の生家から戻った語り手が、以前親交のあった二十歳になる娘にばったりと出会い、空襲で息を引き取ったその娘の母親の死を悼む物語です。 知名度はそれほど高くありませんが、やるせないストーリーの中にも、人間らしい可笑しみを感じさせてくれる好短編となっています。 このページでは、『メリイクリスマス』の […]

太宰治『畜犬談』の登場人物、あらすじ、感想

 『畜犬談』は、1939年(昭和14年)に発表された太宰治の短編小説です。太宰治の作品の特徴の一つである、ユーモアのセンスが遺憾なく発揮され、笑いを誘う文章を楽しむことができる作品となっています。 このページでは『畜犬談』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『畜犬談』の登場人物・犬 私いつの日か犬に食いつかれるであろうという確信を持ち、犬を嫌悪している。 […]

太宰治『きりぎりす』のあらすじ、感想、考察

 『きりぎりす』は、1940年に発表された太宰治の短編小説です。太宰治が得意とする、女性の一人称で書かれた作品の一つで、急に売れっ子になった画家の妻が語り手になっています。 名声を得るにつれ、金にこだわり、陰口ばかりをたたく嘘つきな男になってしまった夫の変化が妻からの視点で語られます。その一方で、その変化を受け入れることができない語り手の偏狭さや強すぎる自己愛も客観的な視点から読み取ることができ、 […]

太宰治『皮膚と心』の登場人物、あらすじ、感想

 『皮膚と心』は、1940年に発表された太宰治の短編小説です。太宰治の得意とする、女性一人称の形式で、吹き出物が全身に広がる語り手の女性の心境の変化が細かく描写される作品です。 このページでは『皮膚と心』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『皮膚と心』の登場人物 私語り手。二十八歳。容姿にコンプレックスがあり、縁談がまとまらず、母と妹を助けながら自活して生 […]

太宰治『姥捨』の登場人物、あらすじ、感想

 『姥捨』は、昭和十三年に雑誌「新潮」に発表された短編小説です。その前年の昭和十二年、太宰治は、同棲していた小山初代と水上温泉で心中事件を起こしており、その時の経験をもとに書かれた作品です。  過ちを犯した妻とともに心中しようとする夫を描いた私小説風の作品でありながらも、暗さはなく、むしろユーモア溢れた語り口で楽しませてくれる作品となっています。  このページでは『姨捨』の登場人物、あらすじ、感想 […]

太宰治『パンドラの匣』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

太宰治作『パンドラの匣』の登場人物、あらすじを詳しく紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク 『パンドラの匣』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら ひばり(小柴利一)二十歳。中学校卒業時に肺炎にかかり、喀血して健康道場に入れられる。親友の「君」に宛てて手紙を書いている。 君ひばりの親友。詩人を目指している。 田島場長健康道場の院長。あだ名は清盛。新しい結核の治療法を確立し、 […]

太宰治『パンドラの匣』の詳しい登場人物紹介

太宰治作『パンドラの匣』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単な登場人物紹介はこちら(『パンドラの匣』トップ) ※『パンドラの匣』の詳しいあらすじはこちら ひばり(小柴利一)二十歳。中学校を卒業と同時に肺炎にかかり、高等学校に入学することができずに自宅で療養していた。しかしそのような生活に焦りを感じ、過剰な畑仕事をしたことが原因で喀血し、終戦と同時に健康道場 […]

太宰治『パンドラの匣』の詳しいあらすじ

太宰治作『パンドラの匣』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『パンドラの匣』トップ) ※『パンドラの匣』の詳しい登場人物紹介はこちら この小説は、「健康道場」という結核療養所にいる二十歳の「僕」から、その親友である「君」に当てた手紙の形式になっています。 幕ひらく  「僕」は、中学校を卒業と同時に肺炎を起こし、三ヶ月寝込んで高等学校の受 […]