MONTH

2021年3月

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の登場人物、あらすじ、感想

 『マクベス』は、シェイクスピアの四大悲劇(他の三作品は『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』)のうち最後の作品です。最初の上演のはっきりとした記録は残っていませんが、少なくとも、一六一一年には上演が行われた記録が残っています。出版は、シェイクスピアの死後の一六二三年と言われています。  この作品の主人公マクベスは、一〇四〇年から一〇五七年までの十七年間、スコットランド王として君臨した実在の人物 […]

スコット・フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』の登場人物、あらすじ、感想

 『グレート・ギャツビー』は、一九二五年に出版された、スコット・フィツジェラルドの長編小説です。 フィツジェラルドは、第一次世界大戦前までの旧来の価値観とは一線を画す、新しい価値観を模索した「ジャズ・エイジ」と呼ばれる世代の中心的人物として、好景気に湧くアメリカを象徴する存在にまで押し上げられた作家です。 一九二〇年に華々しいデビューを果たしたフィツジェラルドは、その後も大衆的な娯楽小説を数多くヒ […]

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇のうちの一つ『マクベス』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 第一幕 第一場  三人の魔女が、つぎに三人一緒になるのはいつ、どこにしようかを話し合っています。彼女たちは、日没前の荒れ地で落ち合い、マクベスに会いに行こうと約束すると、「きれいは穢い、穢いはきれい。」と言いながら霧の中に消えて行きます。 第二場 […]

森鴎外『舞姫』の登場人物紹介、詳しいあらすじ、感想

 『舞姫』は、一八九〇年に発表された、森鴎外の代表作です。 十九歳で東京大学医学部を卒業後、病院勤務を経て陸軍軍医本部に勤めるようになった鴎外は、一八八四年に衛生学を学ぶためにドイツ行きを命じられ、一八八八年にかけて、ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘンなどの主要都市を転々としながら、留学生活を送ります。 帰国後、彼は本格的に文筆活動を開始し、小説として初めて発表されたのが『舞姫』です。 […]

スコット・フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』の詳しい登場人物紹介

スコット・フィツジェラルド作『グレート・ギャツビー』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『グレート・ギャツビー』トップページ) ※『グレート・ギャツビー』の詳しいあらすじはこちら ニック・キャラウェイこの物語の語り手。アメリカの中西部に渡った祖父の兄が南北戦争の頃に始めた金物の卸売によって築いた名家で育つ。父親もその […]