CATEGORY

ロシア文学

トルストイ作『アンナ・カレーニナ』の詳しい登場人物紹介

トルストイ作『アンナ・カレーニナ』の主な登場人物を紹介します。とても長大な小説で、全ての登場人物を網羅することはできないので、覚えておくとストーリーを理解しやすいという人だけに絞って紹介していきます。ネタバレ内容を含みますので、確認用としてお読みください。

ゴーゴリ『鼻』の登場人物、あらすじ、感想

 ウクライナ生まれの作家ニコライ・ゴーゴリ(一八〇九年〜一八五二年)の代表作の一つである『鼻』は、一八三六年に発表されました。 ペテルブルクに住む八等官コワリョーフの鼻が、ある日突然なくなる物語です。その鼻は、コワリョーフの髭をいつも剃っているイワン・ヤーコウレヴィッチの食卓に出たパンの中から出てくるというばかりか、五等官の格好をしてコワリョーフの前に現れ、元に戻るのを嫌がって、リトアニアのリガに […]

ゴーゴリ『鼻』の詳しいあらすじ

簡単なあらすじはこちら(ゴーゴリ『鼻』トップ) 一  三月二十五日、ペテルブルクのウォズネセンスキイ通りに住んでいる理髪師、イワン・ヤーコウレヴィッチが目を覚ますと、年配のコーヒー好きな女房プラスコーヴィヤ・オーシポヴナが焼けたばかりのパンをかまどから取り出し、食卓の上に放り出しました。イワン・ヤーコウレヴィッチがパンを二つに割ってみると、中から鼻が出てきました。プラスコーヴィヤ・オーシポヴナは、 […]

ゴーゴリ『外套』の作品紹介

 ニコライ・ゴーゴリの短編小説『外套』は、一八四二年に発表されました。その後の多くのロシア文学に影響を与えたと言われており、日本においても、芥川龍之介の『芋粥』に、この作品からの影響が見られます。 風采の上がらない主人公アカーキイ・アカーキエウィッチは、自分の仕事である写字のみを生きがいにしている貧しい役人で、周囲の人々から嘲笑を受けていました。そんな彼が、つぎはぎだらけの外套の修繕を断られ、新し […]

ゴーゴリ『外套』の詳しいあらすじ

簡単なあらすじはこちら(『外套』の作品紹介トップ)  ペテルブルクのある局に一人の官吏が勤めていました。立派な役柄のものではなく、背が低く、顔にはあばたがあり、髪の毛は赤ちゃけ、目がしょぼしょぼしていて、額が禿げ上がり、頬の両側には小じわがあり、どうやり痔もちのようでした。皆から愚弄される九等官で、姓はバシマチキン(短靴という意味)、名はアカーカイ・アカーキエウィッチと言いました。 彼がそのような […]