CATEGORY

ロシア文学

アントン・チェーホフ『三人姉妹』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『三人姉妹』(ロシア語:Трисeстры́)は、1900年に執筆された、ロシアの大劇作家アントン・チェーホフの戯曲です。『かもめ』『ワーニャ叔父さん』『桜の園』とともに、チェーホフの四大戯曲のうちの一つに数え上げられており、その中では三番目に当たる作品です。初上演は、1901年1月31日、すでに『かもめ』の再演と『ワーニャ叔父さん』を成功に導いていたモスクワ芸術座で、ロシアの名演出家コンスタン […]

アントン・チェーホフ『三人姉妹』の詳しいあらすじ

アントン・チェーホフ作『三人姉妹』のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『三人姉妹』トップページ) 第一幕  ロシアのある田舎町にあるプローゾロフ家の客間で、三女イリーナの名の日の祝い(誕生日の代わりに、自分と同じ名前の聖者の命日を祝う正教徒の習慣)が行われようとしています。町の中学教師の長女オーリガは、 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の詳しい登場人物一覧

フョードル・ドストエフスキー作『カラマーゾフの兄弟』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『カラマーゾフの兄弟』トップページ) ※『カラマーゾフの兄弟』の詳しいあらすじはこちら第一部  第二部  第三部  第四部  エピローグ 主要な登場人物 フョードル・パーヴロウィチ・カラマーゾフスコトプリゴーニエフスク市(家 […]

アントン・チェーホフ『桜の園』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 桜の園(ロシア語:Вишнёвый сад)は、1903年に執筆され、1904年に出版されたロシアの劇作家アントン・チェーホフの最後の作品です。『かもめ』、『三人姉妹』、『ワーニャ叔父さん』とともにチェーホフの四大戯曲のうちのひとつに数え上げられる代表作の一つで、発表以来、多くの劇作家に影響を与え、世界中で上演されています。 1861年にロシア皇帝アレクサンドル二世によって宣言された農奴解放によ […]

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の登場人物、あらすじ、感想

 『カラマーゾフの兄弟』は、1879年から1880年にかけて発表された、フョードル・ドストエフスキー最後にして最大の長編小説です。 俗物の父親フョードルの元に生まれた、ドミートリイ、イワン、アレクセイという三兄弟、そして私生児スメルジャコフを中心としたカラマーゾフ家に起こる悲劇を通して、神はいるのか、不死は存在するのかといった根源的な問題を投げかける作品です。 文学史にとっての黄金期と言われる19 […]

アントン・チェーホフ『桜の園』の詳しいあらすじ

アントン・チェーホフの代表作『桜の園』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじはこちら(『桜の園』トップページ) 第一幕  五月のある寒い明け方、桜の園と呼ばれる有名な領地を持つ名門の屋敷で、裕福な商人のロパーヒンは、外国で五年間も過ごしていたこの家の女主人ラネーフスカヤ夫人の帰りを待っていました。 ロパーヒンの父親は、ラネーフスカヤ夫人の父親 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(エピローグ)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』のエピローグでは、ドミートリイの有罪が決定した裁判を終えた登場人物たちの「その後」が描かれます。 アレクセイは囚人病棟に送り込まれたドミートリイを訪れ、譫妄が悪化したイワンが提案していた脱走計画について語り合います。そのドミートリイをめぐるカテリーナとグルーシェニカの対立も、それまでのいがみ合いとは異なった形へと変化しています。 最終盤では、命を落としたイリューシャの葬式で […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第四部)の詳しいあらすじ

 エピローグを除くと最終部となる『カラマーゾフの兄弟』の第四部は、ドミートリイが連行されてから二ヶ月が経った後、主に公判の前日からの話となります。まずは終盤にかけて重要な役割を果たす少年コーリャが登場し、仲違いをしていたイリューシャの病床に現れます。ドミートリイの逮捕を受けたイワンは、スメルジャコフのところへ通い詰め、事件の真相へと迫ります。アレクセイ、グルーシェニカ、カテリーナら、その他の主要登 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第三部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の第三部は、ゾシマ長老の死により悲しみに打ちひしがれたアレクセイと、グルーシェニカを手に入れるために奔走するドミートリイを中心に進行します。 物語は、フョードルが何者かに殺されるという急展開を迎え、推理小説の様相を呈しながら加速していきます。第二部までの難解さは、ここへきてやや鳴りをひそめ、それまで苦労して読んできたことが嘘のように、ページをめくる手が止まらなくなるような感 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第二部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の第二部は、さまざまな人物のもとを訪れるアレクセイの一日を中心に物語が進行します。この作品の核とも言うべき箇所で、特にイワンの語る「大審問官」と、ゾシマ長老が息を引き取る間際の説法は、ドストエフスキーの神に対する考え方の揺らぎがそのまま表現されていると言っても過言ではないでしょう。 この作品中最も読むのに苦労する箇所ですが、ここをしっかり読み込むほど、第三部から急加速する物 […]