CATEGORY

伊藤左千夫

伊藤左千夫『野菊の墓』の登場人物、あらすじ、感想

『野菊の墓』は、1906年に発表された、伊藤左千夫の中編小説です。伊藤左千夫は、もともと歌人として知られていた作家で、正岡子規に師事していました。師匠である子規は、俳人として非常に有名ですが、散文においても「ありのままに物事を書く」という写生文運動の中心人物としての一面も持っています。 十九世紀末より、日本では口語体の小説が書かれるようになりましたが、それらはまだ古典の影響を色濃く残しており、実際 […]

伊藤左千夫『野菊の墓』の詳しいあらすじ

伊藤左千夫作『野菊の墓』のあらすじを詳しく紹介するページです。 野菊の墓 [DVD] ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら  矢切の渡しの東・矢切村の旧家の息子であった斎藤政夫は、思い出すと涙が止まらなくなる十年余り前のことを書き留めることに決めました。  当時、政夫は中学入学を控えた十五歳でした。家には、政夫の二歳上の従姉の民子が、仕事の手伝いや、病気を患っていた […]