CATEGORY

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の登場人物、あらすじ、感想

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』のあらすじ、感想を紹介するページです。 リンク 『老人と海』の登場人物 老人(サンチャゴ) ハバナ近郊の町に住む漁師。痩せて深い皺が刻まれ、頬にはしみができ、過去に網を操ってつけた深い傷跡を持つが、眼だけは不屈な正気がある。妻は故人。アフリカに通う船の水夫だったことがある。八十四日も一匹も魚を釣っていなかった。 少年 五歳の頃から老人の船に乗り込んでいたが、 […]

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の詳しいあらすじ

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 簡単なあらすじはこちら(『老人と海』トップ)  少年は、五歳の頃から漁の術を教えてくれた老人を慕っていました。二人は一緒に魚をとっていましたが、一匹も釣れない日が四十日続くと、少年の両親は、彼を他の船へと乗り込ませてしまいました。その後も老人は一人で漁に出ましたが、釣れない日数は八十四日になっていました。 少年 […]