CATEGORY

ギ・ド・モーパッサン

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想

『テリエ館』は1881年に発表されたモーパッサンの短編小説です。前年に発表された『脂肪の塊』によって名声を高めていたモーパッサンの、文壇での地位を確固たるものにした作品です。フランス北部の海辺の街フェカンにある娼館に勤める娼婦たちを主人公にした、賑やかで華やかな雰囲気の小説です。このページでは、『テリエ館』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を […]

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『テリエ館』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪の塊・テリエ館 (講談社文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら 1  フェカンの街にあるテリエ館は、もともと宿屋を経営していた夫婦が、叔父から遺産として譲られて開いた娼家でした。夫の方は二年後に卒中で死に、寡婦となった妻のマダムは、常連客に何度も言い寄られましたが、何一つ浮つ […]

ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』の登場人物、あらすじ、感想

 『脂肪の塊』は、1880年に発表されたギ・ド・モーパッサンの短編小説です。母親が友人であった自然主義文学の巨匠フローベールと師弟関係を結んでいたモーパッサンは、若い頃から小説家としての技術を身につけていました。彼が30歳の頃、複数の作家が書いた普仏戦争を舞台とする短編小説から成る作品集『メダンの夕べ』に作品を出すこととなり、そのために書かれたのが、この『脂肪の塊』でした。『メダンの夕べ』が発表さ […]

ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『脂肪の塊』の詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪のかたまり (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物、解説、感想はこちら  普仏戦争で敗残したフランスの部隊がルーアンの町を敗走し、その翌日、プロシア軍が町を通り抜けて行きました。住民たちはその様子を家の中からこっそり観察し、自分たちの生活が蹂躙されるであろうことに狼狽しました。敵兵はそ […]

モーパッサン『女の一生』作品紹介

 1883年に発表したされた、ギ・ド・モーパッサンの長編『女の一生』を紹介します。モーパッサン(1850年〜1893年)は、ノルマンディーで生まれ、パリで活躍した自然主義の作家です。短編小説が有名ですが、6つの長編小説を残していて、日本では島崎藤村などが影響を受けたと言われています。今回紹介する『女の一生』は、ロシアの文豪レフ・トルストイが、「モーパッサンの著作の中で最高の小説というだけでなく、ユ […]