CATEGORY

ギ・ド・モーパッサン

ギ・ド・モーパッサン『テリエ館』の詳しいあらすじ

ギ・ド・モーパッサン作『テリエ館』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 脂肪の塊・テリエ館 (講談社文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら 1  フェカンの街にあるテリエ館は、もともと宿屋を経営していた夫婦が、叔父から遺産として譲られて開いた娼家でした。夫の方は二年後に卒中で死に、寡婦となった妻のマダムは、常連客に何度も言い寄られましたが、何一つ浮つ […]

モーパッサン『女の一生』作品紹介

 1883年に発表したされた、ギ・ド・モーパッサンの長編『女の一生』を紹介します。モーパッサン(1850年〜1893年)は、ノルマンディーで生まれ、パリで活躍した自然主義の作家です。短編小説が有名ですが、6つの長編小説を残していて、日本では島崎藤村などが影響を受けたと言われています。今回紹介する『女の一生』は、ロシアの文豪レフ・トルストイが、「モーパッサンの著作の中で最高の小説というだけでなく、ユ […]