CATEGORY

フョードル・ドストエフスキー

ドストエフスキー『罪と罰』作品紹介

 『罪と罰』は、ドストエフスキー(一八二一年〜一八八一年)が賭博でこしらえた借金に苦しみながら書き上げられ、一八六六年に発表されました。『未成年』、『悪霊』、『白痴』、『カラマーゾフの兄弟』と共に、後期の五大長編の一つに数えあげられ、その五大長編の中でも、『カラマーゾフの兄弟』と双璧を成す知名度の高さを誇る作品です。 人類を前進に導くためには、その第一歩となる悪行は許されるという思想を持つ主人公の […]