CATEGORY

フョードル・ドストエフスキー

ドストエフスキー『賭博者』の詳しいあらすじ

ドストエフスキー作『賭博者』のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ルーレテンブルクで合流した、アレクセイと将軍の一行  家庭教師のアレクセイ・イワーノヴィチは、雇い主の将軍らの依頼により、パリで四千フランの資金を調達したあと、二週間ぶりにドイツのガジノのある街ルーレテンブルクに戻り、三日前にやってきていた将軍たちと合流しました。  将軍は、先立った妻との間にできた […]

フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』の主な登場人物、あらすじ、感想

 『罪と罰』は、ドストエフスキー(1821年〜1881年)が賭博でこしらえた借金に苦しみながら書き上げられ、1866年に発表されました。『未成年』、『悪霊』、『白痴』、『カラマーゾフの兄弟』と共に、後期の五大長編の一つに数えあげられ、その五大長編の中でも、『カラマーゾフの兄弟』と双璧を成す知名度の高さを誇る作品です。 人類を前進に導くためには、その第一歩となる悪行は許されるという思想を持つ主人公ラ […]

フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』の詳しい登場人物紹介

ドストエフスキー『罪と罰』の登場人物を詳しく紹介するページです。 リンク 『罪と罰』トップ 『罪と罰』詳しいあらすじはこちら ※ネタバレ内容を含みます。 ラスコーリニコフ(ロジオン・ロマーノヴィチ・ラスコーリニコフ)栗色の髪をした美青年。世間から隠れて仕事を辞め、学費が払えず大学を除籍され、貧乏な生活を送っている。全体の幸福のためには、犯罪が許されるという考えから、強欲な金貸しの老婆アリョーナ・イ […]

フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』の詳しいあらすじ

ドストエフスキー作『罪と罰』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『罪と罰』トップ) ※『罪と罰』の登場人物はこちら 第一部  貧困のために大学を除籍されたラスコーリニコフは、自分の殻に閉じこもり、ペテルブルクの貧しい借家で世間から隠れる生活を営んでいました。 彼は金貸しの強欲な老婆、アリョーナ・イワーノヴナを殺害して金を奪う計画 […]