MONTH

2020年3月

梶井基次郎『城のある町にて』の登場人物、あらすじ、感想

梶井基次郎作『城のある町にて』の登場人物、あらすじを紹介します。作品の概要や管理人の感想も。 檸檬・城のある町にて (角川文庫) 『城のある町にて』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 峻(たかし)可愛盛りで死なせた妹のことを落ちついて考えてみたいという若者めいた感慨から、姉夫婦のいる城下町を訪れる。肺を悪くしたことがある。 姉結婚して北牟婁(三重県南部)を経て松阪市に移り住んだ。北牟婁に住んで […]

イワン・ツルゲーネフ『はつ恋』の詳しい登場人物紹介

イワン・ツルゲーネフ作『はつ恋』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 ツルゲーネフ作品集 ※簡単な登場人物紹介はこちら(『はつ恋』トップ) ※『はつ恋』の詳しいあらすじはこちら ヴラジーミルの家族 ヴラジーミル・ペトローヴィチ四十がらみの、白髪の混じった黒髪の男として登場し、セルゲイ・ニコーラエヴィチと店の主人に、自分の初恋の話を読み聞かせる。十六歳の頃、モスクワの別荘に […]

イワン・ツルゲーネフ『はつ恋』の詳しいあらすじ

イワン・ツルゲーネフ作『はつ恋』のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 初恋 (岩波文庫) ※簡単なあらすじはこちら(『はつ恋』トップ) ※『はつ恋』の詳しい登場人物紹介はこちら ※目次を開くとネタバレします。 現在  二人の独身男、セルゲイ・ニコーラエヴィチとヴラジーミル・ペトローヴィチは、店の主人を混じえて初恋について語り合いました。 ヴラジーミル・ペトローヴィチは、自 […]

梶井基次郎『檸檬』の登場人物、あらすじ、感想

日本の短編小説の最高傑作とも称される梶井基次郎の『檸檬』のあらすじ、作品の概要、管理人の感想を紹介するページです。 檸檬 『檸檬』の登場人物 私肺尖カタルや神経衰弱を患い、借金を背負っている。「えたいの知れない不吉な塊」に心を押さえつけられている。 『檸檬』のあらすじ ※ネタバレ内容を含みます。  えたいの知れない不吉な塊に心を押さえつけられ、「私」は京都の街を放浪し続けていました。その頃の「私」 […]

ハーマン・メルヴィル『白鯨』の登場人物、あらすじ、感想

ハーマン・メルヴィル作『白鯨』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要と管理人の感想も。 白鯨 上 (岩波文庫) 『白鯨』の登場人物 ※もっと詳しい登場人物紹介はこちら イシュメール語り手。捕鯨の一大基地ニュー・ベッドフォードで異教徒クイークェグと出会い、ともにピークオッド号へと乗り込む。 エイハブピークオッド号の隻脚の船長。鯨骨でできた義足をはめている。かつて自分の片脚を奪った白鯨へ […]

梶井基次郎『桜の樹の下には』の登場人物、あらすじ、感想

梶井基次郎作『桜の樹の下には』の登場人物、あらすじ、作品の概要、管理人の感想を紹介するページです。 美しい表紙で読みたい 桜の樹の下には 『桜の樹の下には』の登場人物 俺桜の美しさが信じられずに不安を感じていたが、その樹の下に屍体が埋まっていると信じることで、その不安から解放されたことを「おまえ」に語る。 おまえ「俺」の話を聞き、苦しそうな顔をする。 『桜の樹の下には』のあらすじ  毎晩家へ帰る道 […]

ハーマン・メルヴィル『白鯨』の詳しい登場人物紹介

ハーマン・メルヴィル作『白鯨』(Moby-Dick; or, The Whale)の登場人物を詳しく紹介するページです。 白鯨との闘い(吹替版) ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、管理人の感想はこちら ※『白鯨』の詳しいあらすじはこちら ピークオッド号の船員 イシュメール憂鬱な気分になると水夫として船に乗り込む生活を送り、ピークオッド号に乗るまでに四回の商船による航海を行っていた。高い賃金と綺麗な空 […]