MONTH

2020年4月

フローベール『ボヴァリー夫人』の登場人物、あらすじ、感想

 『ボヴァリー夫人』は、一八五六年に発表されたギュスターヴ・フローベールの代表作です。四年半をかけて書き上げられたこの小説は、フローベールの友人の主催する雑誌に掲載され、大きな反響を呼びました。主人公が不倫と借金に身を堕として自殺するという内容が、公序良俗に反するとして訴えられることとなり、その裁判でフローベール自身が「ボヴァリー夫人は私だ」と言ったことは有名です。 一八五七年に発売されると、裁判 […]

夏目漱石『それから』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『それから』の詳しいあらすじを紹介するページです。 それから ─まんがで読破─ ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『それから』トップ) 代助と平岡の再会  三十歳になる長井代助は、決まった職を持たず、月に一度、本家に金を貰いながら生活していました。一軒家を構え、手伝いの婆さんと書生の門野を家に置き、生活のために働くことを軽蔑していました。彼は […]

フローベール『ボヴァリー夫人』の詳しい登場人物紹介

フローベール作『ボヴァリー夫人』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 ボヴァリー夫人 (河出文庫) ※簡単な登場人物紹介はこちら(『ボヴァリー夫人』トップ) ※『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじはこちら 主な登場人物 エマ・ボヴァリー茶褐色の美しい瞳を持つ。十三歳の時から父親によってユルシュール派修道院の塾に入り、立派な教育を受けていた。母の死を経験するも、それほど心を痛 […]

フローベール『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじ

フローベール作『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みますので、ストーリー確認用としてお使いください。 ボヴァリー夫人(字幕版) ※簡単なあらすじはこちら(『ボヴァリー夫人』トップ) ※『ボヴァリー夫人』の登場人物紹介はこちら ※目次を開くとネタバレします! 第一部 シャルル・ボヴァリーの生い立ち  軍医補の息子として生まれたシャルル・ボヴァリーは、自分を偏愛する […]

梶井基次郎『ある崖上の感情』のあらすじ、登場人物、感想

梶井基次郎作『ある崖上の感情』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要と管理人の感想も。 学研の日本文学 梶井基次郎: 蒼穹 筧の話 器楽的幻覚 冬の蝿 ある崖上の感情 桜の樹の下には 愛撫 闇の絵巻 交尾 のんきな患者 『ある崖上の感情』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 生島その年の春に大学を出て就職する口がなく、その日その日を無気力な倦怠で送っている。崖上から窓が見える家に住 […]

梶井基次郎『Kの昇天-或はKの溺死』の登場人物、あらすじ、感想

梶井基次郎『Kの昇天-或はKの溺死』の登場人物、あらすじを詳しく解説するページです。作品の概要や管理人の感想も。 Kの昇天/檸檬 朗読CD付 (海王社文庫) 『Kの昇天-或はKの溺死』の登場人物 私療養のために訪れたN海岸でKに出会い、懇意になる。Kの溺死を疑問に思った「あなた」への返信の中で、その謎を解き明かすことを試みる。 K療養のために訪れたN海岸を訪れていた。自分の月影が次第に人格を持ち、 […]

イワン・ツルゲーネフ『はつ恋』の登場人物、あらすじ、感想

イワン・ツルゲーネフ『はつ恋』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要と管理人の感想も。 はつ恋 (新潮文庫) 『はつ恋』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら ヴラジーミル・ペトローヴィチ主人公。十六歳の頃にモスクワの別荘で経験した初恋の話を、友人に向けて読み聞かせる。 ジナイーダ・アレクサンドロヴナヴラジーミルの家族の別荘のはなれに引っ越してきた娘。ヴラジーミルと出会った時の […]