CATEGORY

夏目漱石

夏目漱石『坑夫』の登場人物、あらすじ、感想

 『坑夫』は、1908年(明治41年)に、朝日新聞に連載された夏目漱石の長編小説です。 その年に朝日新聞に載る予定だった島崎藤村の小説の執筆が滞り、急遽、漱石がその空白を埋めるために依頼されて書いた作品です。 その前年、以前坑夫として働いていたある青年が、漱石の元をひょっこりと訪れ、坑夫になるより前の心の葛藤を小説の材料にしてくれないかと頼みました。その時漱石は、その青年の語る「個人の事情」は書き […]

夏目漱石『坑夫』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『坑夫』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『坑夫』トップページ) 長蔵に声をかけられる  許嫁がいる身でありながら、ほかの娘と惹かれあってしまった「自分」は、自殺も駆け落ちもすることができないまま、許嫁や親に申し訳が立たなくなり、生家を飛び出しました。東京から夜通し北へ向かい、泊まる宿も金もなかっ […]

夏目漱石『門』の詳しい登場人物紹介

夏目漱石作『門』の登場人物を詳しく紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『門』トップ) ※『門』の詳しいあらすじはこちら 野中宗助東京の相当な資産のある家の息子で、頭がよく、多くの友人があり、楽天的な性格だった。京都の大学に入学すると、講義の時によく隣り合わせになる安井と親友となる。学年の終わりに郷里に戻り、その帰りに安井と落 […]

夏目漱石『門』の登場人物、あらすじ、感想

 『門』は、1910(明治43年)に発表された夏目漱石の小説です。『三四郎』、『それから』に続く、前期三部作の最終作で、友人を裏切って妻を手に入れた主人公のその後が描かれます。独立した作品としても読めますが、『三四郎』、『それから』の読了後に読むと、より楽しめる作品となっています。 このページでは。『門』の登場人物、あらすじ、感想を紹介していきます。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『門』の登 […]

夏目漱石『門』の詳しいあらすじ

 夏目漱石の前期三部作の最終作『門』の詳しいあらすじを紹介します。この作品は、時系列が入り組んでおり、主人公の野中宗助とその妻の御米の現在の物語が進行する中に、二人の過去の物語が断片的に挿入されています。このページでは、作品に書かれている順番にあらすじをまとめています。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら(夏目漱石『門』トップ) ※詳しい登場人物紹介はこち […]

夏目漱石作『それから』の登場人物、あらすじ、感想

夏目漱石の前期三部作の一つ『それから』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『それから』の登場人物 長井代助三十歳になって定職に就かず、月に一度、本家から金を貰って生活している。一軒家を構え、手伝いの婆さんと書生の門野を家に置く。自分の肉体の健康に重きを置く男で、寝ながら胸の脈を聞くのが癖になっている。酒をいくらでも飲むことがで […]

夏目漱石『それから』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『それから』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『それから』トップ) 代助と平岡の再会  三十歳になる長井代助は、決まった職を持たず、月に一度、本家に金を貰いながら生活していました。一軒家を構え、手伝いの婆さんと書生の門野を家に置き、生活のために働くことを軽蔑していました。彼は自分の肉体の健康と美 […]

夏目漱石『三四郎』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『三四郎』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 『三四郎』の登場人物、簡単なあらすじ、管理人の感想はこちら 一  三四郎は、九州から山陽線に乗りました。うとうとして目がさめると、京都で相乗りしてきた色の黒い女と、田舎者の爺さんが話を始めていました。 女は広島から列車に乗り、京都で子供のための玩具を買ってこの列車に乗り込んだようでした。夫は大連に出稼ぎに行きましたが、その […]

夏目漱石『坊っちゃん』てどんな話?作品の内容を詳しく解説

 『坊っちゃん』は、一九〇六年、夏目漱石が三十九歳の時に発表されました。神経衰弱にかかった漱石が、一八九五年に養生を兼ねて松山の愛媛県尋常中学校に赴任していた時の体験に基づいて書かれた作品です。  この物語の主人公は、「親譲りの無鉄砲」な性格の持ち主で、友達に囃されて二階から飛び降りて腰を抜かしたり、何でも切れると請け合ったナイフで右の手の甲を切ったりと、幼いころから問題ばかり起こしています。両親 […]