CATEGORY

夏目漱石

夏目漱石『門』の詳しいあらすじ

夏目漱石の前期三部作の最終作『門』の詳しいあらすじを紹介します。この作品は、時系列が入り組んでおり、主人公の野中宗助とその妻の御米の現在の物語が進行する中に、二人の過去の物語が断片的に挿入されています。このページでは、作品に書かれている順番にあらすじをまとめています。 それから 門 (定本 漱石全集 第6巻) ※ネタバレ内容を含みます。 現在:叔母との話し合いを急かされる宗助  週六日の役所勤めを […]

夏目漱石作『それから』の登場人物、あらすじ、感想

夏目漱石の前期三部作の一つ『それから』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 それから (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 『それから』の登場人物 長井代助三十歳になって定職に就かず、月に一度、本家から金を貰って生活している。一軒家を構え、手伝いの婆さんと書生の門野を家に置く。自分の肉体の健康に重きを置く男で、寝ながら胸の脈を聞くのが癖になっている。酒をいくら […]

夏目漱石『それから』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『それから』の詳しいあらすじを紹介するページです。 それから ─まんがで読破─ ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『それから』トップ) 代助と平岡の再会  三十歳になる長井代助は、決まった職を持たず、月に一度、本家に金を貰いながら生活していました。一軒家を構え、手伝いの婆さんと書生の門野を家に置き、生活のために働くことを軽蔑していました。彼は […]

夏目漱石『坊っちゃん』てどんな話?作品の内容を詳しく解説

 『坊っちゃん』は、一九〇六年、夏目漱石が三十九歳の時に発表されました。神経衰弱にかかった漱石が、一八九五年に養生を兼ねて松山の愛媛県尋常中学校に赴任していた時の体験に基づいて書かれた作品です。  この物語の主人公は、「親譲りの無鉄砲」な性格の持ち主で、友達に囃されて二階から飛び降りて腰を抜かしたり、何でも切れると請け合ったナイフで右の手の甲を切ったりと、幼いころから問題ばかり起こしていました。両 […]

夏目漱石『坊っちゃん』の詳しいあらすじ

※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『坊っちゃん』トップ) 一  坊っちゃんは、親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしていました。小学校の時は、同級生に囃され、二階から飛び降りました。二階から飛び降りて腰を抜かす奴があるかと父に言われ、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えました。 親類からもらった西洋製のナイフを友達に見せていたら、切れそうもないと言われたので、なんでも切って見せると受 […]