CATEGORY

夏目漱石

夏目漱石『坊っちゃん』てどんな話?作品の内容を詳しく解説

 『坊っちゃん』は、一九〇六年、夏目漱石が三十九歳の時に発表されました。神経衰弱にかかった漱石が、一八九五年に養生を兼ねて松山の愛媛県尋常中学校に赴任していた時の体験に基づいて書かれた作品です。  この物語の主人公は、「親譲りの無鉄砲」な性格の持ち主で、友達に囃されて二階から飛び降りて腰を抜かしたり、何でも切れると請け合ったナイフで右の手の甲を切ったりと、幼いころから問題ばかり起こしていました。両 […]

夏目漱石『坊っちゃん』の詳しいあらすじ

簡単なあらすじはこちら(夏目漱石『坊っちゃん』トップ) 一  坊っちゃんは、親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしていました。小学校の時は、同級生に囃され、二階から飛び降りました。二階から飛び降りて腰を抜かす奴があるかと父に言われ、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えました。 親類からもらった西洋製のナイフを友達に見せていたら、切れそうもないと言われたので、なんでも切って見せると受けあい、友達に […]