CATEGORY

ルイス・キャロル

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の登場人物、あらすじ、感想

 『不思議の国のアリス』は、1865年に出版されたルイス・キャロルの児童向け小説です。  数学者としても知られているルイス・キャロルは、1854年に大学を卒業すると、講師としてオックスフォードで働き始めます。そしてその二年後、大学の学寮長として新しく転任してきたヘンリー・リデルと出会い、リデル家の幼い娘たちと親しく付き合います。 ある日ルイス・キャロルは、そのリデル家の娘たちとピクニックに出かけ、 […]

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の詳しいあらすじ

ルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』の詳しいあらすじを章ごとに紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『不思議の国のアリス』トップ) ウサギ穴をおりると  土手の上で姉の隣に座っていたアリスが退屈を感じていると、一匹の白ウサギがすぐそばを通りがかりました。そのウサギはチョッキを着ていて、「たいへんだ、たいへんだ、遅刻しそうだ!」と […]