CATEGORY

ギュスターヴ・フローベール

フローベール『ボヴァリー夫人』の登場人物、あらすじ、感想

 『ボヴァリー夫人』は、一八五六年に発表されたギュスターヴ・フローベールの代表作です。四年半をかけて書き上げられたこの小説は、フローベールの友人の主催する雑誌に掲載され、大きな反響を呼びました。主人公が不倫と借金に身を堕として自殺するという内容が、公序良俗に反するとして訴えられることとなり、その裁判でフローベール自身が「ボヴァリー夫人は私だ」と言ったことは有名です。 一八五七年に発売されると、裁判 […]

フローベール『ボヴァリー夫人』の詳しい登場人物紹介

フローベール作『ボヴァリー夫人』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 ボヴァリー夫人 (河出文庫) ※簡単な登場人物紹介はこちら(『ボヴァリー夫人』トップ) ※『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじはこちら 主な登場人物 エマ・ボヴァリー茶褐色の美しい瞳を持つ。十三歳の時から父親によってユルシュール派修道院の塾に入り、立派な教育を受けていた。母の死を経験するも、それほど心を痛 […]

フローベール『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじ

フローベール作『ボヴァリー夫人』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みますので、ストーリー確認用としてお使いください。 ボヴァリー夫人(字幕版) ※簡単なあらすじはこちら(『ボヴァリー夫人』トップ) ※『ボヴァリー夫人』の登場人物紹介はこちら ※目次を開くとネタバレします! 第一部 シャルル・ボヴァリーの生い立ち  軍医補の息子として生まれたシャルル・ボヴァリーは、自分を偏愛する […]