MONTH

2019年5月

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじを紹介するページです。 この長大な小説は、さまざまな登場人物が入り組んでいるため、便宜上、それぞれを分けてあらすじを紹介していきます。 ①デイヴィッドの幼少期 ②ペゴティーの家族とスティアフォースの事件 ③ドーラとデイヴィッドの恋愛 ④ミスター・ウィックフィールド、アグネス、ユライア・ヒープの物語 ⑤結末 リンク ※簡単なあら […]

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しい登場人物紹介

チャールズ・ディケンズ作『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、感想はこちら(『デイヴィッド・コパフィールド』トップページ) ※『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじはこちら ※ネタバレ内容を含みます。 デイヴィッド・コパフィールド主人公。物語の語り手。父親の死後に産まれた。母親のクレアラと、手伝い娘のペゴ […]

アントン・チェーホフ『ワーニャ伯父さん』の登場人物、あらすじ、感想

 アントン・チェーホフ作『ワーニャ伯父さん』は、一八九七年に発表され、一八九九年にモスクワ芸術座で初演されました。『桜の園』、『かもめ』、『三人姉妹』と並び、チェーホフの四大戯曲と呼ばれる作品のうちのひとつです。  退職した大学教授セレブリャコーフが、病気を患って引っ越してきた田舎の領地がこの作品の舞台です。この領地は、セレブリャコーフの前の妻の地所であり、その前妻の兄であるワーニャ伯父さんが長年 […]

太宰治『トカトントン』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『トカトントン』は、一九四七年に発表された短編小説です。太宰治がもらったファンレターからヒントを得て書いた作品で、ある青年が、愛読している作家に出した手紙という体裁になっています。青年は自分の苦悩を作家に相談します。何かに熱中し、その感動がピークに達しようとするその時に、いつも「トカトントン」という金づちのような音が聞こえてくるのです。そしてその「トカトントン」を聞いてしまうと、その青年は今まで […]

太宰治『親友交歓』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 一九四六年に発表された、太宰治の短編『親友交歓』の紹介です。この作品は、東京で罹災して津軽に帰郷している「私」が、小学校の同級生であった男の訪問を受ける話です。その男は、「私」の家に入り込み、クラス会を開くための金を要求し、女房のお酌で酒を飲ませろと言ってきます。「私」はその男のことをかすかに覚えているだけでしたが、「軽薄な社交家」であるがゆえに、彼に酒を振舞います。しかし段々と彼の傍若無人ぶり […]

太宰治『ヴィヨンの妻』の詳しいネタバレあらすじ

太宰治作『ヴィヨンの妻』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『ヴィヨンの妻』トップページ) 一  あわただしく玄関をあける音で、私が眼を覚すと、夫が荒い呼吸をしながら、何かを探していました。夫は私に「坊やはどうです。熱はまだありますか?」と珍しく優しい言葉をかけました。坊やは今年四歳になりますが、栄養不 […]

夏目漱石『こころ』の詳しいネタバレあらすじ

夏目漱石作『こころ』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『こころ』トップ) 上 先生と私  書生であった私は友達に呼ばれて鎌倉へ行きました。しかしその友達の母親が病気になり、郷里から呼ばれたため、私は一人残ることとなりました。私は毎日海へ行きました。私には荷物をいつも預けている掛茶屋がありました。  私はそこで先生に初めて会いました […]

夏目漱石『こころ』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 夏目漱石の代表作『こころ』は、一九一四年に発表されました。日本において最もよく知られている文学作品の一つであり、太宰治の『人間失格』と歴代累計販売部数のトップを争っています。学校の授業でもとりあげられ、数多くの映像化、漫画化、舞台化がなされています。  この作品は「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」という三つの部分に分かれています。  「先生と私」では、語り手である「私」と、先生と呼ばれる人物 […]

エドガー・アラン・ポー『赤き死の仮面』の登場人物、あらすじ、感想

 一八四二年発表の『赤き死の仮面』(The Masque of the Red Death)は、エドガー・アラン・ポー(一八〇九年~一八四九年)の短編小説です。この作品は、「赤き死」という疫病が蔓延している国が舞台になっています。それは、感染すると身体中から血が吹き出し、三十分以内には死に至るという恐ろしい病気でした。国王のプロスペローは疫病を放置し、健康で高貴なものだけを集め、安全な城の中で仮面 […]

井上靖『敦煌』の登場人物、あらすじ、感想

 一九五九年発表の井上靖の長編小説『敦煌』は、十一世紀の中国を舞台にした歴史小説です。当時の中国であった宋の西方では、チベット系民族の李元昊(りげんこう)が率いる西夏が、この地の覇権を握ろうとしていました。西夏はもともと宋の地方組織でしたが、次第に勢力を増すと、一〇三六年に宋の支配下であった沙州(現在の敦煌)へと兵を進めて制圧し、その翌々年に李元昊が皇帝を名乗り建国します。  沙州はシルクロードの […]