MONTH

2023年1月

小林多喜二『一九二八年三月十五日』の詳しいあらすじ

小林多喜二作『一九二八年三月十五日』(または『一九二八・三・一五』)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク 一  小樽の合同労働組合の組合員であった小川竜吉の家には、工藤、坂西、鈴本といった同志たちが集まり、しばしば活発な論議が行われていました。 レーニンやマルクスの名前しか知らない竜吉の妻お恵は、はじめ薄汚く凄みのある組合の人たちに怖気付き、彼らの論議に慣れること […]

レーモン・ラディゲ『肉体の悪魔』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『肉体の悪魔』は、二十歳の若さで夭折したフランスの天才作家レーモン・ラディゲの代表作です。 ラディゲは、『肉体の悪魔』の作中にも描かれるマルヌ川のほとりにあるパリ近郊のヴァル=ド=マルヌ県のサン=モールで、1903年に風刺画家の息子として生まれました。 十一歳のころにパリのリセ シャルルマーニュ(日本の高等教育にあたる学校)に入学するも、ランボーやボードレールといった詩人や、スタンダール、ラ・フ […]