MONTH

2022年4月

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の登場人物、あらすじ、感想

 『カラマーゾフの兄弟』は、1879年から1880年にかけて発表された、フョードル・ドストエフスキー最後にして最大の長編小説です。 俗物の父親フョードルの元に生まれた、ドミートリイ、イワン、アレクセイという三兄弟、そして私生児スメルジャコフを中心としたカラマーゾフ家に起こる悲劇を通して、神はいるのか、不死は存在するのかといった根源的な問題を投げかける作品です。 文学史にとっての黄金期と言われる19 […]

アントン・チェーホフ『桜の園』の詳しいあらすじ

アントン・チェーホフの代表作『桜の園』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじはこちら(『桜の園』トップページ) 第一幕  五月のある寒い明け方、桜の園と呼ばれる有名な領地を持つ名門の屋敷で、裕福な商人のロパーヒンは、外国で五年間も過ごしていたこの家の女主人ラネーフスカヤ夫人の帰りを待っていました。 ロパーヒンの父親は、ラネーフスカヤ夫人の父親 […]