MONTH

2019年10月

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しい登場人物紹介

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじはこちら ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら ハックルベリー・フィン主人公。前作『トム・ソーヤの冒険』では、通称「宿なしハック」として登場し、泥棒たちが洞穴に隠した金を発見し、六千ドルを手に入れた。ダグラス未亡人の養子 […]

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじ

マーク・トウェイン作『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しい登場人物紹介はこちら ※もう少し簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら トム・ソーヤ団の結成  マーク・トウェインというおじさんが書いた『トム・ソーヤの冒険』で、ハックルベリー・フィンとトム・ソーヤは、泥棒たちが洞穴に […]

芥川龍之介『杜子春』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

芥川龍之介作『杜子春』の登場人物、あらすじを紹介するページです。末尾に管理人の感想をちょっとだけ載せています。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『杜子春』の登場人物 杜子春元は金持ちの息子。財産を使い果たし、洛陽の西の門の下で途方にくれているところを眇の老人に話しかけられる。 鉄冠子片目眇(すがめ)の老人。峨眉山に住む仙人。 『杜子春』のあらすじ 一  ある春の日暮れ、金持ちの息子であ […]

芥川龍之介『アグニの神』ってどんな話?登場人物やあらすじを詳しく解説

芥川龍之介作『アグニの神』のあらすじ、登場人物、感想を紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『アグニの神』の登場人物 インド人の婆さん妙子にアグニの神を降臨させて占いを行う強欲な老人。 アメリカ人の商人金儲けをするため、インド人の婆さんに日米戦争がいつ起こるかという占いを依頼する。 遠藤書生。インド人の婆さんの家の窓から外を見る妙子が、行方不 […]

芥川龍之介『蜜柑』のあらすじ、感想

芥川龍之介作『蜜柑』のあらすじ、感想を紹介するページです。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『蜜柑』の登場人物 私横須賀発上り二等客車に乗り込んでいる。いいようのない疲労と倦怠を頭の中に抱えている。 小娘油気のない髪を銀杏返しに結い、ひびだらけの両頬を気持の悪い程赤く火照らせた、如何にも田舎者らしい十三、四歳の娘。三等の切符を持って二等列車に乗り込む。 『蜜柑』のあらすじ  ある曇った […]

芥川龍之介『犬と笛』ってどんな作品?あらすじや登場人物を詳しく解説

芥川龍之介作『犬と笛』の登場人物、あらすじ、感想を紹介するページです。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『犬と笛』の登場人物 髪長彦(かみながひこ)大和国葛城山の麓に住む若い木樵(きこり)。顔かたちが女のように優しく、髪も長かったので、髪長彦と呼ばれていた。笛が上手で、山で笛を吹くと鳥や獣が周りに来て、その音色を聴きにくる。 葛城山(かつらぎやま)の足一つの神青い勾玉を沢山ぶら下げた、 […]

芥川龍之介『蜘蛛の糸』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

芥川龍之介作『蜘蛛の糸』のあらすじ、感想を紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『蜘蛛の糸』の登場人物 御釈迦様蓮池を覆う蓮の葉の間から犍陀多を見つけ、蜘蛛の糸を垂らす。 犍陀多(カンダタ)人を殺したり家に火をつけたりと、様々な悪事を働いた大泥棒。道ばたを這う蜘蛛を踏み殺すのを躊躇い、助けたことがある。 『蜘蛛の糸 […]

太宰治『駈込み訴え』ってどんな作品?あらすじ、登場人物を詳しく解説

太宰治作『駈込み訴え』のあらすじ、感想、考察を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『駈込み訴え』の登場人物 私イスカリオテのユダ。両親も生まれた土地も捨て、「あの人」について歩く。 あの人イエス・キリスト。「私」の師。 『駈込み訴え』のあらすじ  「私」は、自分の師である「あの人」を殺してほしいと訴え出ています。「私」は同い年である「あの人」に、意地悪くこき使われ嘲弄され […]

太宰治『走れメロス』の登場人物、あらすじ、感想

太宰治作『走れメロス』の登場人物、あらすじ、管理人の感想を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『走れメロス』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 メロス村の牧人。笛を吹き、羊と遊んで暮らしてきた。父も母も妻もおらず、十六歳になる妹と二人暮らしをしている。政治はわからないが、邪悪に対しては人一倍敏感。妹の結婚式の品を買うためにやってきたシラクサで、傍若無人な王に激怒し、城 […]

太宰治『富嶽百景』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

太宰治作『富嶽百景』のあらすじ、概要、コメントを紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら ※ネタバレ内容を含みます。 『富嶽百景』の登場人物 私甲州の御坂峠にある天下茶屋に宿泊する。 井伏鱒二氏御坂峠の天下茶屋にこもって仕事をしていた。「私」の見合いの世話をする。 甲府の娘さん「私」の妻となる人。 おかみさん「私」が滞在した御坂峠の茶店を営む。 茶店の娘さんその娘。十五歳。 『 […]