CATEGORY

織田作之助

織田作之助『夫婦善哉』の詳しいあらすじ

『夫婦善哉』トップ 『夫婦善哉』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 維康柳吉安化粧品問屋の息子。妻子を持っていたが、芸者の蝶子と関係を持ち、駆け落ちする。 蝶子十七歳で芸者になり、柳吉と駆け落ちする。 種吉蝶子の父。大阪にある路地の入口で天麩羅屋を営む。 お辰種吉の妻 おきんヤトナ(臨時雇いの芸者)を斡旋している年増の芸者。 柳吉の妻柳吉が駆け落ちすると籍を抜いて実家に帰る。 筆子柳吉の妹。駆 […]

織田作之助『夫婦善哉』の登場人物、あらすじ、感想

 『夫婦善哉』は、1940年に発表された織田作之助の短編小説です。  織田作之助(1913年~1947年)は、太宰治や坂口安吾らと同じ無頼派に分類される作家です。水商売などを扱った作品が多いため、公序良俗に反するとして戦時中は発禁処分を受けることもあったそうですが、遊蕩的でありながらも、大阪人ならではの人情味に溢れる作品を多く残し、当時の流行作家となりました。  無頼派というと、酒や薬で私生活を毒 […]