CATEGORY

川端康成

川端康成『雪国』の詳しいあらすじ

『雪国』トップ  東京から列車に乗った島村は、国境の長いトンネルを抜け、雪国に来ました。信号所に汽車が止まり、島村の向かいの席に座っていた美しい声の娘が窓をあけて駅長に話しかけ、ここに勤めているという弟のことを駅長に頼みました。娘が葉子という名前だと島村は知りました。葉子は病人と思われる男を連れていました。再び汽車が出発し、ガラス窓に映る葉子が夕闇の景色と重なる情景を、島村は眺めていました。夕闇の […]

川端康成『雪国』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

言わずと知れた川端康成の代表作『雪国』を紹介します。この小説は、日本のみならず海外でも評価が高く、多くの翻訳がなされています。冒頭の一文 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった はあまりにも有名であり、読者を一気に「雪国」という夢幻の世界へと引きずり込みます。多少読みにくく、難解な部分も多いですが、繰り返し読むことで味わいが増してくる作品です。​ 雪国 ※ネタバレ内容を含みます。 『雪国』の登場 […]