CATEGORY

川端康成

川端康成『雪国』の詳しいあらすじ

『雪国』トップ  東京から列車に乗った島村は、国境の長いトンネルを抜け、雪国に来ました。信号所に汽車が止まり、島村の向かいの席に座っていた美しい声の娘が窓をあけて駅長に話しかけ、ここに勤めているという弟のことを駅長に頼みました。娘が葉子という名前だと島村は知りました。葉子は病人と思われる男を連れていました。再び汽車が出発し、ガラス窓に映る葉子が夕闇の景色と重なる情景を、島村は眺めていました。夕闇の […]