CATEGORY

イギリス文学

ロバート・ルイス・スティーヴンソン『宝島』の登場人物、あらすじ、感想

 『宝島』は、1881年から1882年にかけて、イギリスの児童向け雑誌に連載され、1883年に単行本として出版されたロバート・ルイス・スティーヴンソンの最初の長編小説です。スティーヴンソンは、『ジーキル博士とハイド氏』などを書いたことでも知られるイギリスの人気作家です。『宝島』は、スコットランドの避暑地ブレーマーでの休暇中に、妻の連れ子と一緒に描いた架空の島の地図からヒントを得て創作され、出版と同 […]

ロバート・ルイス・スティーヴンソン『宝島』の詳しい登場人物一覧

ロバート・ルイス・スティーヴンソン作『宝島』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『宝島』トップページ) ※『宝島』の詳しいあらすじはこちら ジム・ホーキンズ第一部から第三部および第五部、第六部の語り手。イングランドの都市ブリストル近郊の入江にある宿屋ベンボウ提督亭の息子。宿屋にやってきた元海賊の老水夫ビリー・ボ […]

ロバート・ルイス・スティーヴンソン『宝島』の詳しいあらすじ

ロバート・ルイス・スティーヴンソン作『宝島』(Treasure Island)の章ごとのあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『宝島』トップページ) ※『宝島』の詳しい登場人物一覧はこちら 第一部 老海賊 第一章 ベンボウ提督邸の老水夫  一七××年、少年ジム・ホーキンズの父親が経営する宿屋であるベンボウ提督邸に、頬に刀 […]

ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の詳しい登場人物、キャラクター紹介

ルイス・キャロル作『鏡の国のアリス』の登場人物、キャラクターを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単な登場人物、キャラクター紹介、あらすじ、感想はこちら(『鏡の国のアリス』トップページ) ※『鏡の国のアリス』の章ごとの詳しいあらすじはこちら アリス七歳半の少女。飼い猫のキティたちと遊んでいる間に鏡の中の世界に入り込み、チェス盤のように区切られたその世界をポーン(歩兵)の […]

ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)は、一八七一年に発表されたルイス・キャロルの作品です。 一八六五年に発表された『不思議の国のアリス』(Alice’s Adventures in Wonderland)の続編で、鏡の中の世界に舞いこんだアリスは、チェス盤のように区切られた世界を進みながら女王 […]

ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の章ごとの詳しいあらすじ

ルイス・キャロル作『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、キャラクター紹介、感想はこちら(『鏡の国のアリス』トップページ) ※詳しい登場人物、キャラクター紹介はこちら 1 鏡の家  アリスの飼い猫ダイ […]

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の登場人物、あらすじ、感想

 『マクベス』は、シェイクスピアの四大悲劇(他の三作品は『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』)のうち最後の作品です。最初の上演のはっきりとした記録は残っていませんが、少なくとも、一六一一年には上演が行われた記録が残っています。出版は、シェイクスピアの死後の一六二三年と言われています。  この作品の主人公マクベスは、一〇四〇年から一〇五七年までの十七年間、スコットランド王として君臨した実在の人物 […]

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇のうちの一つ『マクベス』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 第一幕 第一場  三人の魔女が、つぎに三人一緒になるのはいつ、どこにしようかを話し合っています。彼女たちは、日没前の荒れ地で落ち合い、マクベスに会いに行こうと約束すると、「きれいは穢い、穢いはきれい。」と言いながら霧の中に消えて行きます。 第二場 […]

ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』の登場人物、あらすじ、感想

 『ロミオとジュリエット』は、1594年ごろに発表されたウィリアム・シェイクスピアの戯曲です。イタリア北部の都市ヴェローナを舞台に、モンタギューとキャピュレットという、二つの敵対する名家出身の男女の悲恋を描いた作品です。  ヴェローナでは、教皇派のモンテッキ家と皇帝派のカプレーティ家という名家が実在し、両家には確執があったそうです。その両家に属するロミオとジュリエットの悲劇は、空想から出来上がった […]

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の登場人物、あらすじ、感想

 『不思議の国のアリス』は、1865年に出版されたルイス・キャロルの児童向け小説です。  数学者としても知られているルイス・キャロルは、1854年に大学を卒業すると、講師としてオックスフォードで働き始めます。そしてその二年後、大学の学寮長として新しく転任してきたヘンリー・リデルと出会い、リデル家の幼い娘たちと親しく付き合います。 ある日ルイス・キャロルは、そのリデル家の娘たちとピクニックに出かけ、 […]