CATEGORY

イギリス文学

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の登場人物、あらすじ、感想

 『マクベス』は、シェイクスピアの四大悲劇(他の三作品は『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』)のうち最後の作品です。最初の上演のはっきりとした記録は残っていませんが、少なくとも、一六一一年には上演が行われた記録が残っています。出版は、シェイクスピアの死後の一六二三年と言われています。  この作品の主人公マクベスは、一〇四〇年から一〇五七年までの十七年間、スコットランド王として君臨した実在の人物 […]

ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇のうちの一つ『マクベス』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 第一幕 第一場  三人の魔女が、つぎに三人一緒になるのはいつ、どこにしようかを話し合っています。彼女たちは、日没前の荒れ地で落ち合い、マクベスに会いに行こうと約束すると、「きれいは穢い、穢いはきれい。」と言いながら霧の中に消えて行きます。 第二場 […]

ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』の登場人物、あらすじ、感想

 『ロミオとジュリエット』は、1594年ごろに発表されたウィリアム・シェイクスピアの戯曲です。イタリア北部の都市ヴェローナを舞台に、モンタギューとキャピュレットという、二つの敵対する名家出身の男女の悲恋を描いた作品です。  ヴェローナでは、教皇派のモンテッキ家と皇帝派のカプレーティ家という名家が実在し、両家には確執があったそうです。その両家に属するロミオとジュリエットの悲劇は、空想から出来上がった […]

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の登場人物、あらすじ、感想

 『不思議の国のアリス』は、1865年に出版されたルイス・キャロルの児童向け小説です。  数学者としても知られているルイス・キャロルは、1854年に大学を卒業すると、講師としてオックスフォードで働き始めます。そしてその二年後、大学の学寮長として新しく転任してきたヘンリー・リデルと出会い、リデル家の幼い娘たちと親しく付き合います。 ある日ルイス・キャロルは、そのリデル家の娘たちとピクニックに出かけ、 […]

ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』の詳しい登場人物紹介

ウィリアム・シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』の登場人物を詳しく紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単な登場人物紹介はこちら(『ロミオとジュリエット』トップ) ※『ロミオとジュリエット』の詳しいあらすじはこちら ロミオヴェローナの名家モンタギュー家の息子。恋を捨てた女ロザラインへの叶わぬ恋に悩む青年として登場する。従兄弟のベンヴォーリオと友人のマキューシオに他の女に […]

ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』の、幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじはこちら(『ロミオとジュリエット』トップ) ※『ロミオとジュリエット』の詳しい登場人物紹介はこちら 第一幕 第一場  イタリア北部・ヴェローナの街では、モンタギュー家とキャピュレット家という二つの名家が対立していました。  街の広場では、 […]

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の詳しいあらすじ

ルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』の詳しいあらすじを章ごとに紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『不思議の国のアリス』トップ) ウサギ穴をおりると  土手の上で姉の隣に座っていたアリスが退屈を感じていると、一匹の白ウサギがすぐそばを通りがかりました。そのウサギはチョッキを着ていて、「たいへんだ、たいへんだ、遅刻しそうだ!」と […]

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の登場人物、あらすじ、感想

 『クリスマス・キャロル』は、1843年に出版された、チャールズ・ディケンズの小説です。 冷酷でけちな老人スクルージが、以前の共同経営者であったマーレイの幽霊と、そのマーレイの幽霊によって呼び起こされた過去の幽霊、現在の幽霊、未来の幽霊の導きによって親切な心を取り戻すまでが描かれた、心温まる物語です。  イギリスの国民的作家といわれるディケンズの作品の中では最も知名度の高い作品で、あのドナルド・ダ […]

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『クリスマス・キャロル』トップ) 第一章 マーレイの亡霊  交際を嫌う孤独な男、エブニゼル・スクルージは、唯一の友人で共同経営者であったジェイコブ・マーレイを七年前に亡くしてから、「スクルージ・マーレイ合名会社」を一人で経営し続け […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の登場人物、あらすじ、感想

『ジーキル博士とハイド氏』(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)は、1886年に出版された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説です。二重人格が大きなテーマとして取り上げられ、立派な医師としての名声を持つジーキル博士と、その別人格である醜悪な男ハイド氏によって引き起こされる事件が書かれます。スティーヴンソンの代表作として有名で、「ジキルとハイ […]