CATEGORY

イギリス文学

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の登場人物、あらすじ、感想

 『クリスマス・キャロル』は、1843年に出版された、チャールズ・ディケンズの小説です。 冷酷でけちな老人スクルージが、以前の共同経営者であったマーレイの幽霊と、そのマーレイの幽霊によって呼び起こされた過去、現在、未来の幽霊の導きによって親切な心を取り戻す、心温まる物語です。  イギリスの国民的作家といわれるディケンズの作品の中では最も知名度の高い作品で、あのドナルド・ダックの叔父の「スクルージお […]

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじを紹介するページです。 クリスマス・キャロル (字幕版) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『クリスマス・キャロル』トップ) 第一章 マーレイの亡霊  交際を嫌う孤独な男、エブニゼル・スクルージは、唯一の友人で共同経営者であったジェイコブ・マーレイを七年前に亡くしてから、「スクルージ・マーレイ合 […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の登場人物、あらすじ、感想

『ジーキル博士とハイド氏』(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)は、1886年に出版された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説です。二重人格が大きなテーマとして取り上げられ、立派な医師としての名声を持つジーキル博士と、その別人格である醜悪な男ハイド氏によって引き起こされる事件が書かれます。スティーヴンソンの代表作として有名で、「ジキルとハイ […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の詳しいあらすじ

ロバート・ルイス・スティーヴンソン作『ジーキル博士とハイド氏』のあらすじを詳しく紹介するページです。 ジーキル博士とハイド氏 (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら 戸口の由来  弁護士のアタスンとその従弟にあたるリチャード・エンフィールドは、固い友情で結ばれており、二人は毎週日曜に散歩に出かける習慣になっていました。  ある日、彼らはロンド […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の登場人物、あらすじ、感想

 『嵐が丘』(Wuthering Heights)は、「ブロンテ姉妹」の一人、エミリー・ブロンテによる、一八四七年に発表された長編小説です。ブロンテ姉妹は、イングランドのヨークシャー地方の牧師の家に生まれた三女のシャーロット、四女のエミリー、五女の妹アンのことを指し、三人はそれぞれ、イギリスの文学に多大な影響を及ぼした作家として知られています。 『嵐が丘』は、エミリーのデビュー作であり、唯一の長編 […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の詳しい登場人物紹介

エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』の登場人物を詳しく紹介するページです。 ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら ※『嵐が丘』の詳しいあらすじはこちら ※ネタバレ内容を含みます。 ※このサイトでは、母親のキャサリン・アーンショウをキャサリン、娘のキャサリン・リントンをキャシーと表記しています。 ヒースクリフ生れは不明。孤児であった幼い頃にリバプールで飢え死にしそうになっていたところを、先代のアー […]

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』の詳しいあらすじ

エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』の詳しいあらすじを章ごとに紹介するページです。 Wuthering Heights (Penguin Classics) ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら ※詳しい登場人物紹介はこちら ※ネタバレ内容を含みます。 第一章  一八〇一年、人間嫌いのロックウッドは、社交界から遠ざかるため、ヨークシャーの荒凉たるイングランドの土地「嵐が丘」(ワザリング・ハイツ)にや […]