CATEGORY

イギリス文学

シェイクスピア『ハムレット』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇の一つ『ハムレット』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら ※『ハムレット』の詳しい登場人物紹介はこちら 第一幕 第一場  デンマークのエルシノア城では、二か月前に先王のハムレットが死に、その弟のクローディアスが王座についたばかりでした。 城の櫓に繋が […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

 『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)は、一八一三年に出版された、イギリスの女流作家ジェーン・オースティン(一七七五年〜一八一七年)の作品です。それより以前の一七九七年、オースティンは『高慢と偏見』の元となった作品『第一印象』を脱稿し、父親が自費出版で出してもらえないかと出版社に依頼しましたが、断られていました。その後、オースティンはいくつかの作品を出版し […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』の詳しいあらすじ

 ジェーン・オースティン作『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)のあらすじを紹介するページです。 リンク ※『高慢と偏見』の登場人物はこちら ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『高慢と偏見』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。 ジェーンとエリザベスのネザーフィールド滞在  ロングボーンにあるベネット家の近所のネザーフィールドに、イング […]

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』の詳しい登場人物紹介

ジェーン・オースティン作『高慢と偏見』(または『自負と偏見』、Pride and Prejudice)の登場人物を詳しく紹介するページです。 リンク ※『高慢と偏見』の詳しいあらすじはこちら ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『高慢と偏見』トップページ) ベネット氏 ロングボーンにある邸宅に住み、五人の若い姉妹を抱える。若さと美しさに惹かれて妻と結婚したが、理解力が低い女であった […]

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

 『デイヴィッド・コパフィールド』(David Copperfield)は、一八五〇年に発表されたチャールズ・ディケンズ(一八一二年~一八七〇年)最大の長編小説です。 イギリスのポーツマス出身の作家ディケンズは、金銭感覚に乏しい両親の子供として生まれたため若い頃から工場で働かざるを得ず、正式な教育を受けることができませんでした。それにも関わらず、彼は『クリスマス・カロル』、『二都物語』、『オリヴァ […]

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじを紹介するページです。 この長大な小説は、さまざまな登場人物が入り組んでいるため、便宜上、それぞれを分けてあらすじを紹介していきます。 ①デイヴィッドの幼少期 ②ペゴティーの家族とスティアフォースの事件 ③ドーラとデイヴィッドの恋愛 ④ミスター・ウィックフィールド、アグネス、ユライア・ヒープの物語 ⑤結末 リンク ※簡単なあら […]

チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しい登場人物紹介

チャールズ・ディケンズ作『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、感想はこちら(『デイヴィッド・コパフィールド』トップページ) ※『デイヴィッド・コパフィールド』の詳しいあらすじはこちら デイヴィッド・コパフィールド主人公。物語の語り手。父親の死後に産まれた。母親のクレアラと、手伝い娘のペゴティーに育てられ、幸せな幼少 […]

ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』の登場人物、あらすじ、感想

 一九五四年出版、ウイリアム・ゴールディングの『蝿の王』を紹介します。ウィリアム・ゴールディング(一九一一年〜一九九三年)は、イギリスの南西端、コーンウォール州に生まれ、連合国側の兵士として第二次世界大戦に参加し、史上最大規模の上陸作戦であったノルマンディー上陸作戦も経験しました。  ここで紹介する『蠅の王』もまた、(戦争に関する直接的な描写は出てきませんが)戦争中の話です。攻撃を受けた飛行機に乗 […]