MONTH

2020年2月

太宰治『パンドラの匣』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

太宰治作『パンドラの匣』の登場人物、あらすじを詳しく紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 パンドラの匣 (新潮文庫) 『パンドラの匣』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら ひばり(小柴利一)二十歳。中学校卒業時に肺炎にかかり、喀血して健康道場に入れられる。親友の「君」に宛てて手紙を書いている。 君ひばりの親友。詩人を目指している。 田島場長健康道場の院長。あだ名は清盛。新しい結 […]

太宰治『パンドラの匣』の詳しい登場人物紹介

太宰治作『パンドラの匣』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 パンドラの匣・ヴィヨンの妻 ─まんがで読破─ ※簡単な登場人物紹介はこちら(『パンドラの匣』トップ) ※『パンドラの匣』の詳しいあらすじはこちら ひばり(小柴利一)二十歳。中学校を卒業と同時に肺炎にかかり、高等学校に入学することができずに自宅で療養していた。しかしそのような生活に焦りを感じ、過剰な畑仕事をしたこ […]

太宰治『パンドラの匣』の詳しいあらすじ

太宰治作『パンドラの匣』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 パンドラの匣 [DVD] ※簡単なあらすじはこちら(『パンドラの匣』トップ) ※『パンドラの匣』の詳しい登場人物紹介はこちら この小説は、「健康道場」という結核療養所にいる二十歳の「僕」から、その親友である「君」に当てた手紙の形式になっています。 幕ひらく  「僕」は、中学校を卒業と同時に肺炎を起こし、三ヶ月寝 […]

シェイクスピア『ハムレット』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇の一つ『ハムレット』のあらすじ、登場人物を紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 ハムレット (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 『ハムレット』の登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら ハムレットデンマーク王国の王子。以前の王であった父親が、現在の王クローディアスに殺されたことを知り、狂気を装いながら復讐の機会をうかがう。 クローディアス現在のデ […]

シェイクスピア『ハムレット』の詳しい登場人物紹介

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇の一つ『ハムレット』の登場人物を詳しく紹介するページです。 ハムレット(字幕版) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単な登場人物紹介はこちら(『ハムレット』トップ) ※『ハムレット』の詳しいあらすじはこちら ハムレットデンマーク王国の王子。先王であった父親の死と、母親がまもなく現王クローディアスの妻になったことに苦悩する青年として登場する。喪服をつけ続けている。友 […]

シェイクスピア『ハムレット』の詳しいあらすじ

ウィリアム・シェイクスピアの四代悲劇の一つ『ハムレット』の幕ごと、場ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 ハムレット Q1 (光文社古典新訳文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら ※『ハムレット』の詳しい登場人物紹介はこちら 第一幕 第一場  デンマークのエルシノア城では、二か月前に先王のハムレットが死に、その弟のクローディアスが王座に […]

エドガー・アラン・ポー『アッシャー家の崩壊』の登場人物、あらすじ、感想

エドガー・アラン・ポーの代表作『アッシャー家の崩壊』の詳しいあらすじ、登場人物を紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 黒猫・アッシャー家の崩壊 ポー短編集I ゴシック編 (新潮文庫) 『アッシャー家の崩壊』の登場人物 わたしこの小説の書き手。昔の親友であるロデリック・アッシャーから手紙をもらい、屋敷を訪れる。 ロデリック・アッシャー神経錯乱の症状がうかがわれる手紙を、わたしに送る。最愛 […]

太宰治『正義と微笑』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

太宰治作『正義と微笑』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 学研の日本文学 太宰治: 正義と微笑 『正義と微笑』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら 芹川進十六歳から日記をつけ始める。一高受験を控えた旧制中学校の四年生。心の奥底では映画俳優になりたいという夢を抱いている。 兄帝大の英文科の四年生だが、これまでに何度も留年している。毎日徹夜で小説を書いている […]

太宰治『正義と微笑』の詳しい登場人物紹介

太宰治の中編小説『正義と微笑』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 パンドラの匣 (新潮文庫) ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじはこちら(『正義と微笑』トップ) 芹川進とその家族 僕(芹川進)十六歳の四月から日記を書き始める。学年の中から唯一、四年生から一高を受験するために勉強をしていた。しかし本当の夢は映画俳優になることで、怠惰な学生生活を送っていたため、一高の試験 […]