CATEGORY

太宰治

太宰治『パンドラの匣』の詳しいあらすじ

太宰治作『パンドラの匣』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『パンドラの匣』トップ) ※『パンドラの匣』の詳しい登場人物紹介はこちら この小説は、「健康道場」という結核療養所にいる二十歳の「僕」から、その親友である「君」に当てた手紙の形式になっています。 幕ひらく  「僕」は、中学校を卒業と同時に肺炎を起こし、三ヶ月寝込んで高等学校の受 […]

太宰治『正義と微笑』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

太宰治作『正義と微笑』の登場人物、あらすじを紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『正義と微笑』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら 芹川進十六歳から日記をつけ始める。一高受験を控えた旧制中学校の四年生。心の奥底では映画俳優になりたいという夢を抱いている。 兄帝大の英文科の四年生だが、これまでに何度も留年している。毎日徹夜で小説を書いている。 […]

太宰治『正義と微笑』の詳しい登場人物紹介

太宰治の中編小説『正義と微笑』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単な登場人物紹介、あらすじはこちら(『正義と微笑』トップ) 芹川進とその家族 僕(芹川進)十六歳の四月から日記を書き始める。学年の中から唯一、四年生から一高を受験するために勉強をしていた。しかし本当の夢は映画俳優になることで、怠惰な学生生活を送っていたため、一高の試験に落ちる。自活しよう […]

太宰治のオススメ代表作7選

『人間失格』や『斜陽』など、破滅的な作品を多く残している太宰治ですが、実は本当にユーモアがあって明るいんです。今回は没後70年を経ていまだに多くのファンを獲得し続けている彼の作品の中から、オススメを紹介します。ネタバレにならない程度の作品内容と、読みやすさ、入門者向けかどうかなどの情報も載せていますので、作品選びの参考にしてください。(随時更新。) 人間失格  言わずと知れた有名作品です。累計発行 […]

太宰治『駈込み訴え』ってどんな作品?あらすじ、登場人物を詳しく解説

太宰治作『駈込み訴え』のあらすじ、感想、考察を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『駈込み訴え』の登場人物 私イスカリオテのユダ。両親も生まれた土地も捨て、「あの人」について歩く。 あの人イエス・キリスト。「私」の師。 『駈込み訴え』のあらすじ  「私」は、自分の師である「あの人」を殺してほしいと訴え出ています。「私」は同い年である「あの人」に、意地悪くこき使われ嘲弄され […]

太宰治『走れメロス』の登場人物、あらすじ、感想

太宰治作『走れメロス』の登場人物、あらすじ、管理人の感想を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『走れメロス』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 メロス村の牧人。笛を吹き、羊と遊んで暮らしてきた。父も母も妻もおらず、十六歳になる妹と二人暮らしをしている。政治はわからないが、邪悪に対しては人一倍敏感。妹の結婚式の品を買うためにやってきたシラクサで、傍若無人な王に激怒し、城 […]

太宰治『富嶽百景』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

太宰治作『富嶽百景』のあらすじ、概要、コメントを紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら ※ネタバレ内容を含みます。 『富嶽百景』の登場人物 私甲州の御坂峠にある天下茶屋に宿泊する。 井伏鱒二氏御坂峠の天下茶屋にこもって仕事をしていた。「私」の見合いの世話をする。 甲府の娘さん「私」の妻となる人。 おかみさん「私」が滞在した御坂峠の茶店を営む。 茶店の娘さんその娘。十五歳。 『 […]

太宰治『満願』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

太宰治作『満願』のあらすじ、登場人物、解説を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『満願』の登場人物 私三島市の知り合いの家の二階で一夏を過ごし、ロマネスクという小説を書いている。 医者西郷隆盛に似ている。文学よりも哲学を好み、原始二元論という世界観を有している。 医者の奥さん小柄のおたふく顔であるが、色が白く上品。 若い女の人肺病の夫の薬をもらいに医者を訪れる。簡単服に下 […]

太宰治『斜陽』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

 1947年に発表された『斜陽』は、太宰治が作家としての地位を既に築いた後に書かれた作品で、発売と同時にベストセラーとなり、没落した貴族のことを指す斜陽族という言葉が流行語にもなりました。現代では、『人間失格』と並ぶ、太宰治の代表作として広く知られています。 没落していく貴族の母、その母親を想いながらも、自分の中に母を弱らせる恐ろしい蛇がいると思うかず子、かず子の弟で阿片中毒の直治、直治が慕う作家 […]

太宰治『斜陽』の詳しいネタバレあらすじ

太宰治作『斜陽』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介はこちら(『斜陽』トップ) 一  かず子の母はスープをひとさじ吸って、「あ」とかすかな叫び声をあげました。かず子はスープに嫌なものでも入っていたのかと聞きましたが、母は何事もなかったようにスープをひらりと飲みました。母の食事の仕方は、礼儀作法には外れていましたが、かず […]