CATEGORY

アメリカ文学

マーク・トウェイン作『ハックルベリー・フィンの冒険』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』のあらすじ、登場人物、を紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『ハックルベリー・フィンの冒険』の主な登場人物 ※詳しい登場人物紹介はこちら ハックルベリー・フィン主人公。前作『トム・ソーヤの冒険』で泥棒たちが洞穴に隠した金を発見し、街の金持ちダグラス未亡人の養子になっている。暴力的な父親に拉致されるが […]

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しい登場人物紹介

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の登場人物を詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじはこちら ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら ハックルベリー・フィン主人公。前作『トム・ソーヤの冒険』では、通称「宿なしハック」として登場し、泥棒たちが洞穴に隠した金を発見し、六千ドルを手に入れた。ダグラス未亡人の養子 […]

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじ

マーク・トウェイン作『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※『ハックルベリー・フィンの冒険』の詳しい登場人物紹介はこちら ※もう少し簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら トム・ソーヤ団の結成  マーク・トウェインというおじさんが書いた『トム・ソーヤの冒険』で、ハックルベリー・フィンとトム・ソーヤは、泥棒たちが洞穴に […]

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の登場人物、あらすじ、感想

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』の登場人物、あらすじ、感想を紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク 『老人と海』の登場人物 老人(サンチャゴ) ハバナ近郊の町に住む漁師。痩せて深い皺が刻まれ、頬にはしみができ、過去に網を操ってつけた深い傷跡を持つが、眼だけは不屈な正気がある。妻は故人。アフリカに通う船の水夫だったことがある。八十四日も一匹も魚を釣っていなかった。 少年 五歳の […]

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』の詳しいあらすじ

アーネスト・ヘミングウェイ作『老人と海』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『老人と海』トップ) 1日目 大海へ漕ぎ始める  少年は、五歳の頃から漁の術を教えてくれた老人を慕っていました。二人は一緒に魚をとっていましたが、一匹も釣れない日が四十日続くと、少年の両親は、彼を他の船へと乗り込ませてしまいました。その後も老人は一人で漁に出ましたが、釣れない日数は八十 […]

エドガー・アラン・ポー『赤き死の仮面』の登場人物、あらすじ、感想

 一八四二年発表の『赤き死の仮面』(The Masque of the Red Death)は、エドガー・アラン・ポー(一八〇九年~一八四九年)の短編小説です。この作品は、「赤き死」という疫病が蔓延している国が舞台になっています。それは、感染すると身体中から血が吹き出し、三十分以内には死に至るという恐ろしい病気でした。国王のプロスペローは疫病を放置し、健康で高貴なものだけを集め、安全な城の中で仮面 […]

エドガー・アラン・ポー『黒猫』のあらすじと登場人物紹介

エドガー・アラン・ポーの代表作『黒猫』の登場人物、あらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『黒猫』の登場人物 私幼いころは素直で思いやりのある性格であったが、酒に溺れ、妻やペットに暴力を振るうようになる。 妻私からの暴力を受ける。ペットの黒猫を可がっている。 『黒猫』のあらすじ  子供の頃から思いやりのある性格だったわたしは、動物が好きで、さまざまなペットを飼い、大人に […]