TAG

トカトントン

太宰治『トカトントン』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『トカトントン』は、一九四七年に発表された短編小説です。太宰治がもらったファンレターからヒントを得て書いた作品で、ある青年が、愛読している作家に出した手紙という体裁になっています。青年は自分の苦悩を作家に相談します。何かに熱中し、その感動がピークに達しようとするその時に、いつも「トカトントン」という金づちのような音が聞こえてくるのです。そしてその「トカトントン」を聞いてしまうと、その青年は今まで […]