ドストエフスキー『罪と罰』作品紹介

 『罪と罰』は、ドストエフスキー(1821年〜1881年)が賭博でこしらえた借金に苦しみながら書き上げられ、1866年に発表されました。『未成年』、『悪霊』、『白痴』、『カラマーゾフの兄弟』と共に、後期の五大長編の一つに数えあげられ、その五大長編の中でも、『カラマーゾフの兄弟』と双璧を成す知名度の高さを誇る作品です。
 人類を前進に導くためには、その第一歩となる悪行は許されるという思想を持つ主人公のラスコーリニコフが、強欲な金貸しの老婆アリョーナ・イワーノヴナを殺して金を奪って善行のためにその金を使おうとするも、偶然その場に居合わせた老婆の妹であるリザヴェータも殺してしまい、苦悩する物語です。思想と思想のぶつかり合い、登場人物の思惑や打算、男女間の愛、宗教の意義といった様々な要素が描かれる上に、ラスコーリニコフが犯人として徐々に追い詰められていく推理小説の要素が加わった、読み応えのある作品となっています。
 五大長編のなかでは文量も少なく、比較的読みやすい作品なので、ドストエフスキーの入門書としておススメです。ただしロシアが世界に誇る文豪ドストエフスキーの長編だけあり、入門書といえども難解です。かなり綿密に容姿や服装を描写された、この先重要になりそうな登場人物が、その場限りで登場しなくなったり、ロシア人の名前が長くて覚えずらい上に、一人の人物に三つも四つも違う呼び名があったりと、メモをとりながら読まないと把握できなくなる点が多数あります。しかし、一度登場人物の相関関係をしっかりと把握してしまえば、各々の思惑を抱えた登場人物たちの心理戦に魅了され、主人公ラスコーリニコフが辿る軌跡に胸を打たれます。心して読めば読むほどに楽しめる作品です。

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

『罪と罰』の登場人物

『罪と罰』の登場人物はこちら

『罪と罰』のあらすじ

『罪と罰』の詳しいあらすじはこちら 

貧困のために大学を除籍されたラスコーリニコフは、金貸しの強欲な老婆、アリョーナ・イワーノヴナを殺害し、金品を奪う計画を立てていました。妹のドゥーニャが金持ちの男と望まない結婚しようとしていることを見破った彼は、母と妹を苦しませないため、また、この世の中には人類全体の進歩のために犯罪を行うことができる非凡な人々が存在するという考えから、その計画を実行し、凶行に手を染めて金品を奪います。しかしアリョーナ・イワーノヴナの妹であるリザヴェータに現場を目撃されたため、彼女のことも殺してしまいます。そして自分の行った犯行に恐れ、証拠を隠すために、建築資材で囲まれた場所にある大きな石の下に老婆から奪った品を捨てました。

 熱病に冒されたラスコーリニコフは数日間を寝て過ごします。眼が覚めると母親からの送金があり、友人のラズミーヒンが自分を世話していました。ラスコーリニコフは自分を訪れてきた妹の婚約者ルージンを侮辱して怒らせます。

 飲み屋で出会った無職の男マルメラードフが馬に轢かれているを見つけたラスコーリニコフは、彼を家に運び、その妻である肺病持ちのカテリーナ・イワーノヴナと、娘であるソーニャと共にマルメラードフの最期を看取りました。マルメラードフが稼ぎがなく酒を飲んでいたため、ソーニャは生活のために売春宿で働いていました。その生活を知ったラスコーリニコフは、母親から送金された金を全て彼女たちにやりました。

 母と妹と、ルージンとの会合に居合わせたラスコーリニコフは、ルージンが自分たちが金銭的に無力であることを利用して、支配しようとしていることを見破って非難し、母と妹を自分の味方につけて、結婚を破談にすることに成功します。しかしその直後に、二度と会えないかもしれないと母妹に告げ、その場を去っていきます。

 ラスコーリニコフはソーニャの家に行きました。ソーニャは貧困の中、売春宿に通うことで何とか肺病の義母カテリーナ・イワーノヴナや三人の幼い兄弟を養っていました。逃れられない絶望的な状況を理解していましたが、神に祈りながら生活することで、自殺にも淫蕩にも陥らずに自分を保っていました。彼女が聖書を読むのを聞いたラスコーリニコフは、母と娘を捨ててきたことを伝え、これから自分と同じ道を歩いて辿ってほしいとソーニャに頼みました。

 ラスコーリニコフは、殺人の下見の時にアリョーナ・イワーノヴナに預けた品を取り戻したいという口実を作り、ラズミーヒンの知り合いで、事件を担当しているポルフィーリイに紹介されます。ラスコーリニコフが一度警察署に別の用事で出頭した時に、事件の話を聞いて気を失ったことから、ポルフィーリイは明らかにラスコーリニコフに嫌疑をかけていました。ラスコーリニコフが犯行の落とした品を拾ったペンキ職人ミコライが嫌疑をかけられ、自分でも殺人を犯したと思い込んで自首し、捜査を混乱させましたが、三度にわたるラスコーリニコフとの議論の結果、ポルフィーリイはラスコリーリニコフが犯人であるという確証に至り、自首を勧めます。

 マルメラードフの葬儀には、同じ建物に住んでいたルージンも招待されていました。彼はマルメラードフの娘であるソーニャとラスコーリニコフが近しい関係にあるのを知り、ラスコーリニコフに復讐するために、大金をソーニャのポケットにこっそり忍ばせ、彼女を泥棒に仕立て上げるという悪だくみを行います。この悪だくみは、ルージンの同居人のレベジャードニコフが真実を暴露したため、ソーニャは難を逃れましたが、このことが原因となり、カテリーナ・イワーノヴナが発狂してしまいます。

 ラスコーリニコフは、ソーニャの家に行き、彼女が監獄に入れられていたかもしれないと語り、いつでも人に陥れられかねない彼女の生活を打破するために、自分と同じ道を歩むように言いました。さらに彼は自分がアリョーナ・イワーノヴナとリザヴェータを殺した犯人であると明かしました。ソーニャはそれに衝撃を受けましたが、自分で自分を苦しめることをしているラスコーリニコフを固く抱きしめ、どこまでもついて行くと言いました。

 ラスコーリニコフはこれから自分がどうすればいいのかを聞きました。ソーニャは今すぐ十字架の前に跪いて、自分がやったとことを告白すべきだと言いました。ソーニャは自分の十字架を渡し、一緒に苦しもうとしましたが、ラスコーリニコフは自首するつもりもなく、十字架を受け取ることもしませんでした。カテリーナ・イワーノヴナは、発狂の末、血を吐いて死んでしまいました。

 両親に死なれ、一人で三人の幼い兄弟の面倒を見なければならなくなり、窮地に立たされたソーニャでしたが、スヴィドリガイロフという男が名乗りをあげ、三人の子供を孤児院に入れ、ソーニャを貧困から引き上げると言いました。スヴィドリガイロフは、ドゥーニャを家庭教師として雇っていた人物でした。ドゥーニャに歪んだ愛情を持ち、妻の死後にドゥーニャを追ってペテルブルクを訪れ、ルージンとドゥーニャの結婚を阻止しようと企んでいました。彼はソーニャの部屋の隣に間借りしていて、ラスコーリニコフがソーニャに自分の罪を打ち明けたのを盗み聞いていました。それ以来、彼は、ラスコーリニコフに興味を持ち、ソーニャを貧困から引き上げる提案をしてきましたが、それは善意からではありませんでした。

 スヴィドリガイロフは、ラスコーリニコフの秘密を話すという手紙を出して、ドゥーニャを家に呼びました。彼はラスコーリニコフがアリョーナ・イワーノヴナ殺しの犯人であることを明かし、彼を助ける代わりに、ドゥーニャに自分のものになってほしいと頼みます。もともとスヴィドリガイロフを嫌悪していたドゥーニャは恐れ、隠し持っていた拳銃でスヴィドリガイロフを撃ちました。弾はそれましたが、自分のことを愛してくれないとわかったスヴィドリガイロフは、ドゥーニャを解放し、残された拳銃を持ち出して外出し、ソーニャと自分の婚約者に金を渡して自殺しました。

 ラスコーリニコフは、自分の小心な卑劣と無能さを感じ、恥辱を受けるために自首をすることにしました。母、ドゥーニャ、ソーニャに別れを告げて警察署に向かって歩いていると、不意にソーニャの「十字路に行って、皆にお辞儀をして、大地に接吻し、世間の人々に私は人殺しですと言いなさい」という言葉を思い出し、その言葉に自分の肉体と意識を捉えられて、涙を流しながら地面に倒れました。彼は幸福感に満ち溢れて汚れた地面に接吻しました。

 ラスコーリニコフは自供を行い、シベリアに八年の刑を言い渡されました。プリヘーリヤ・アレクサンドロヴナは、息子が殺人を犯したことを知らされないまま不安を抱え、病気になって死にました。ドゥーニャとラズミーヒンは結婚し、資金を貯めて、自分たちもシベリアに行くことを誓いました。ソーニャは、スヴィドリガイロフが残した金で囚人の護送班についてシベリアへ行き、町にいる人々に助けられて仕立ての仕事で生計を立てていました。

 ラスコーリニコフは長い間自分の罪に悔恨を認めませんでした。彼は堪えることができずに、自首してしまったことこそが自分の罪だと思い、自分が判決に身を屈しなければならないということに自尊心をくじかれたのが原因で、病気にかかりました。そのうちに時たま訪れて来るソーニャが病気になり、ひどく心配しました。

 ある温かい日の早朝、ソーニャがラスコーリニコフの作業場を訪れ、手を差し出しました。いつも手を差し出されても嫌々握り返していたラスコーリニコフでしたが、この日はその手を解かず、泣きながら彼女の膝を抱きしめました。ソーニャは驚きましたが、彼が自分を限りなく愛していることを悟り、はかりしれない幸福に包まれました。ラスコーリニコフは真の悔恨に目覚め、罪を償うことを決心したのでした。

管理人のコメント

 『罪と罰』の舞台であるペテルブルクの街は、このように描写されます。

そこには一軒の大きな建物があって、ぜんたいが居酒屋やその他いろいろな飲食店になっていた。それらの店からは、頭に何もかぶらないで普段着のままという、《近所歩き》のような服装の女たちが、たえずとびだしてきた。そうした女たちが歩道のそちこち、といってもたいていは地下室への下り口のあたりにかたまって、ぺちゃくちゃしゃべっていた。その下は、階段を二段も下りると、さまざまなおもしろい娯楽場になっていた。そうした地下室のひとつから、ちょうどそのときテーブルを叩く音やわあわあ騒ぐ声が通り中にあふれ、ギターが鳴り、歌声が聞えて、たいへんなにぎやかさだった。その入り口に女たちはわんさかとたかり、階段に腰かけたり、歩道にしゃがんだり、あるいは立ったりして、がやがや話しあっていた。そのそばの舗道では、酔っ払った兵隊が一人、くわえ煙草で、大声でわめきちらしながらふらふらしていた。どうやらどの店かへ入ろうとして、その場所を忘れてしまったらしい。一人のぼろを着た男がもう一人のぼろを着た男とののしりあっていた。またそのそばでは泥酔した男が通りの真ん中に死んだようになってひっくり返っていた。

『罪と罰(上)』新潮文庫 工藤精一郎訳

 あらゆる種類の人間が、各々の欲望と思惑を抱えて交差する、首都の猥雑な雰囲気が魅力的に描かれています。

 ドストエフスキーの作品の登場人物もまた、このペテルブルクの街のように、非常に複雑で、様々な欲望と思惑を抱えた者が多く書かれます。

 この『罪と罰』の主人公ラスコーリニコフも例外ではありません。彼は人類を前進に導くためには、その第一歩となる悪行は許されるという考えを持ち、殺人を犯します。この思想は非常に独善的なものであり、彼の性格の冷酷な一面を示しています。

 そのような一面を持つ反面、彼は母と妹のことを心から愛し、マルメラードフ死去の際には、なけなしの金をカテリーナ・イワーノヴナの一家に与えてやります。学生の頃には、肺病の友人とその老父を援助し、火事の中から二人の子供を救い出したこともあったようです。さらに不器量で病身の娘と婚約したことに関しても、もしその娘に障がいがあれば、もっと深く愛しただろうと語ります。つまり、究極の優しさと究極の冷酷さを持ち合わせた人物として、ラスコーリニコフは書かれているのです。

 また、彼の行動に関しても、その意図が不可解なものが多く書かれます。

 第一部の4では、ラスコーリニコフは十五か十六ぐらいのぼろぼろの服を着て酔っ払った少女と、その少女を明らかな下心を持って追っている紳士を見つけます。ラスコーリニコフはその紳士に腹を立て、近くにいた巡査に少女を助けるように頼みます。しかしその直後に、ラスコーリニコフはその下心のある紳士に少女を任せて、放っておくように巡査に言いだします。

 このような不可解な行動を取っている時のラスコーリニコフの心理描写はあまり深くは書かれておらず、「どうして彼はこのような行動をとったのだろう」と考え込んでしまいます。それは、「自分でも何故かはわからない心情の変化によって、不意に不可解な行動をとった」といった印象を与えます。

 相反する性格を併せ持ち、意図のわからない行動をとるラスコーリニコフの人物像をしっかりと把握するのは非常に難関です。しかし、ドストエフスキーの作品を読んでいると、「それがどうした、それこそが人間なのだ」というメッセージが聞こえてくるような気分にさせられます。

 世の中には、一面的な人間などはおらず、多面的な要素が重なり合って一人の人間の傾向を作り上げます。そしてその多面的な要素を持った人間は、過去に経験した膨大な記憶の中から必要なものを取り出し、物事を無意識に判断して行動します。

 かなり意識的に様々な行動をとっているようにも見えるラスコーリニコフですが、時々見せる不意の行動こそが、あるがままのラスコーリニコフであると言えるでしょう。そしてラスコーリニコフがその「不意」に動かされ、予想もつかない行動をとるからこそ、この小説は面白いのだと思います。

 ラスコーリニコフの「不意」の行動の中でも特筆すべきものはラストの場面でしょう。

 シベリアに送られたラスコーリニコフは、ソーニャから手を差し出されても、嫌そうにその手を取るか、手を出さないかのどちらかでした。ところがある温かい日の朝、彼はソーニャから差し出された手を離さず、泣きながら彼女の膝を抱きしめました。これが彼の更生のきっかけとなるわけですが、この行動もラスコーリニコフにとっては「不意」だったのではないでしょうか。罪のない人間を二人も殺し、マルメラードフやカテリーナ・イワーノヴナの死を経験し、ルージンやポルフィーリイと舌戦を繰り広げ、自首してシベリアへと送られるという壮絶な経験をしてきたラスコーリニコフが、ソーニャから手を差し伸べられただけで、まるで張り詰めていた糸が切れるように見せる感情の奔流は、意識された行動であるとは思えません。自分の行動を意識的に統率してきたラスコーリニコフが、ソーニャからの愛によって初めて真の悔恨に目覚め、感情のコントロールを失って見せる涙は、それが「不意に」流されたものだったからこそ、非常に感動的なのだと思います。