TAG

芥川龍之介のおすすめ代表作7選

 芥川龍之介の作品は、「人生を銀のピンセットで弄んでいるような」と菊池寛が評したように、冷徹な視点によって人間の内面が描かれます。登場人物たちの複雑な心理変化を克明に伝えているにも関わらず、その文体は簡潔で、非常に読みやすい作品が多いのが特徴です。 長編小説で著名なものはないものの、古典に題材をとったものや児童向け小説、そして晩年の自殺を意識した作品など、バリエーションに富んだ短編小説を楽しむこと […]

ニコライ・ゴーゴリ『鼻』の登場人物、あらすじ、感想

 ウクライナ生まれの作家ニコライ・ゴーゴリ(一八〇九年〜一八五二年)の代表作の一つである『鼻』は、一八三六年に発表されました。 ペテルブルクに住む八等官コワリョーフの鼻が、ある日突然なくなる物語です。その鼻は、コワリョーフの髭をいつも剃っているイワン・ヤーコウレヴィッチの食卓に出たパンの中から出てくるというばかりか、五等官の格好をしてコワリョーフの前に現れ、元に戻るのを嫌がって、リトアニアのリガに […]

ニコライ・ゴーゴリ『鼻』の詳しいあらすじ

リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(ゴーゴリ『鼻』トップ) 一  三月二十五日、ペテルブルクのウォズネセンスキイ通りに住んでいる理髪師、イワン・ヤーコウレヴィッチが目を覚ますと、年配のコーヒー好きな女房プラスコーヴィヤ・オーシポヴナが焼けたばかりのパンをかまどから取り出し、食卓の上に放り出しました。イワン・ヤーコウレヴィッチがパンを二つに割ってみると、中から鼻が出てきました。プラ […]

芥川龍之介『鼻』ってどんな作品?登場人物、あらすじ、感想を紹介

   1916年発表の『鼻』は、平安時代の説話集「今昔物語集」と、鎌倉時代の説話集「宇治拾遺物語」を題材とした短編小説で、芥川龍之介にとっては『羅生門』に次ぐ二作目にあたる作品です。顎の下まで垂れ下がる五、六寸の鼻の長さを気に病み、さまざまな方法で鼻を短く見せようと画策する高僧・禅智内供が、この物語の主人公です。彼は、とある方法で鼻を短くすることに成功し、自尊心を回復しますが、以前にもまして、周囲 […]