文学ブログ

作品紹介、ときどき詳しいあらすじ、ときどき感想

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』の登場人物、あらすじ、感想

 『若きウェルテルの悩み』は、1774に発表された、フランクフルト出身の作家ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの作品です。 18世紀後半から19世紀前半のドイツを代表する作家ゲーテは、1749年8月28日にフランクフルトの裕福な家庭に生まれました。教育熱心な父親の影響で幼い頃からさまざまな分野を学び、ライプツィヒ大学やシュトラスブルク大学で学問を納め、法律家、政治家、自然科学者としても活躍した […]

レーモン・ラディゲ『肉体の悪魔』の詳しいあらすじ

レイモン・ラディゲ作『肉体の悪魔』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク マルトとの出会い  宣戦布告の数ヶ月前に十二歳を迎えた「僕」は、両親や歳下の弟妹と共に、マルヌ川のほとりのF‥町に住んでいました。 僕は十二歳の頃、カルメンという名の清純そうな少女に惹かれ、胸の内の述べた手紙を出したことがありました。 その後カルメンの両親がその恋文を校長に届け、校長はその手紙 […]

谷崎潤一郎『細雪』の登場人物、あらすじ、感想

 『細雪』は、1943年から1948年にかけて発表された谷崎潤一郎の長編小説です。 1886年に日本橋に生まれ、幼い頃から秀才として頭角を表していた谷崎潤一郎は、東京帝国大学在学中に執筆した『刺青』での輝かしいデビュー以来、『痴人の愛』、『春琴抄』、『卍』といった、当時としては衝撃的な内容の作品を次々に発表し、明治末期から昭和初期にかけての近代文学における一時代を築いた大文豪です。 『細雪』は、太 […]

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『若きウェルテルの悩み』の詳しいあらすじ

ゲーテ作『若きウェルテルの悩み』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじはこちら(『若きウェルテルの悩み』トップページ) 第一部 旅に出たウェルテル  お互いに恋心を抱いていた幼馴染の死を経験した青年ウェルテルは、ひとおもいに出かけることを決意し、旅に出ました。そこは母親が以前から遺産の問題について不満を持っていた叔母のいる土地でした。ウェルテ […]

モリエール『人間ぎらい』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『人間ぎらい』(または『孤客(ミザンドロープ)』)は、1666年に発表されたモリエールの作品です。 モリエールは、コルネイユ、ラシーヌとともに古典劇の三大作家の一人として知られるフランスの国民的劇作家です。1622年1月15日、芸事の盛んなパリのトノレ街で生まれ、庶民出身でありながら、祖父の代が室内業者として国王に関与する仕事に就いていたため、上流の人々に混ざって古典や哲学を学んだ他、法律学を収 […]

モリエール『人間嫌い』の詳しいあらすじ

モリエール作『人間嫌い』または『孤客(ミザントロオプ)』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、管理人の感想はこちら(『人間ぎらい』トップページ) 第一幕 第一場  どのような場面でも自分の心の奥底をそのまま言葉に表さなければならないと考えている貴族の青年アルセストは、親友のフィラントが通りがかりの男に臆面もなく愛想良く振る舞い、接吻 […]

谷崎潤一郎『細雪』(下巻)の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『細雪』の中巻のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※他の部分のあらすじはこちら上巻  中巻 ※全体の簡単なあらすじはこちら 沢崎と雪子の見合い  幸子に呼び寄せられて東京を出立し、以来四ヶ月も蘆屋に住んでいた雪子は、本人も帰るつもりもなくなって関西に根を下ろしたようになっていましたが、六月になると、珍しく鶴子から縁談の知らせが届きました。 その相手は […]

谷崎潤一郎『細雪』(中巻)の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『細雪』の中巻のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※他の部分のあらすじはこちら上巻  下巻 ※全体の簡単なあらすじはこちら 洋行を希望する妙子  盛りの時期を越した庭の花を幸子がむしっていると、お春がやって来て、奥畑が訪れて来たことを知らせました。 三十一、二歳になっていた奥畑は、以前より肥満し、紳士らしくなっていました。しかし幸子は、奥畑が花街に出 […]

谷崎潤一郎『細雪』(上巻)の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『細雪』の上巻のあらすじを詳しく紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※他の部分のあらすじはこちら中巻  下巻 ※全体の簡単なあらすじはこちら 薪岡家の四人姉妹  大阪船場に店舗を構え、大正時代に全盛を極めた薪岡家の次女幸子は、三女雪子、四女妙子とともに、演奏会に行くための準備をしていました。 先に身支度をした雪子は、幸子の一人娘の悦子につかまって、階下でピアノの稽古を […]

アントン・チェーホフ『三人姉妹』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 『三人姉妹』(ロシア語:Трисeстры́)は、1900年に執筆された、ロシアの大劇作家アントン・チェーホフの戯曲です。『かもめ』『ワーニャ叔父さん』『桜の園』とともに、チェーホフの四大戯曲のうちの一つに数え上げられており、その中では三番目に当たる作品です。初上演は、1901年1月31日、すでに『かもめ』の再演と『ワーニャ叔父さん』を成功に導いていたモスクワ芸術座で、ロシアの名演出家コンスタン […]