文学ブログ

作品紹介、ときどき詳しいあらすじ、ときどき感想

森鴎外『雁』の登場人物、あらすじ、感想

 『雁』は、1911年から雑誌「スバル」に連載された森鴎外の小説です。 高利貸しの妾であるお玉が、東京大学の学生である岡田に儚い恋をするも、ある偶然によって結ばれることのできなかった物語を通して、不幸な境遇の中で自立していく彼女の姿や、一度の偶然が運命を左右する様を描いた作品です。 東京大学から上野不忍池にいたる一帯や、神田、秋葉原界隈が舞台になっており、ビジネス街となってしまったこの辺りの情景を […]

レフ・トルストイ『悪魔』の登場人物、あらすじ、感想

 『悪魔』(ロシア語:Дьявол)は、結婚前に関係を持っていた女性の肉体を忘れられられずに懊悩する男エヴゲーニイの破滅を描いた作品です。  トルストイは、三十四歳の頃に、宮廷医の娘であった十八歳のソフィヤ・アンドレーエヴナとの結婚を果たしますが、その結婚よりも前から自分の領地にいた農民の女性と関係を持っており、子供も作っていたようです。『悪魔』は、(諸説あるようですが)その時の経験をもとに書かれ […]

夏目漱石『坑夫』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『坑夫』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク 長蔵に声をかけられる  許嫁がいる身でありながら、ほかの娘と惹かれあってしまった「自分」は、自殺も駆け落ちもすることができないまま、許嫁や親に申し訳が立たなくなり、生家を飛び出しました。東京から夜通し北へ向かい、泊まる宿も金もなかったので、神楽堂(神社の境内に設けられた建物)で少しだけ寝て、夜明け前に起きると […]

レフ・トルストイ『クロイツェル・ソナタ』の登場人物、あらすじ、感想

 『クロイツェル・ソナタ』は、1891年に出版されたレフ・トルストイの小説です。 題名にも使われている『クロイツェル・ソナタ』は、1803年に作曲されたベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第九番のことを指しており、この作品中で重要な役割を果たしています。 この作品は、出版の前年には既に出来上がっていたものの、ロシアの検閲から発表を許されなかったため、ソフィア夫人が自らペテルブルクの皇帝アレクサンドル […]

森鴎外『雁』の詳しいあらすじ

森鴎外作『雁』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『雁』トップページ) 岡田とお玉の出会い  明治十三年、東京大学の学生であった「僕」は、鉄門の真向かいにあった上条という下宿屋に住んでいました。「僕」の部屋の隣の下宿人は、一学年下の岡田という男でした。 岡田は体格のよい美男で、競漕(ボートレース)の選手でした。 […]

レフ・トルストイ『悪魔』の詳しいあらすじ

トルストイ作『悪魔』(ロシア語:Дьявол)の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『悪魔』トップページ) 領地の経営を始めるエヴゲーニイ  エヴゲーニイ・イルチェーニェフは立派な家庭に生まれ、ペテルブルク大学法学部を優秀な成績で卒業し、大臣の口利きである省に勤め始めていました。近頃死んだ父親は、近衛騎兵隊に勤務する兄とエヴゲーニイに六千 […]

谷崎潤一郎『卍』の登場人物、あらすじ、感想

 『卍』は、1928年から1930年にかけて連載された谷崎潤一郎の長篇小説です。常に他者からの崇拝を求め続ける令嬢・徳光光子を中心に、その光子に翻弄される三人の男女の、「卍」型の人間模様が描かれた作品です。 大阪、神戸を中心とする関西を舞台に、光子に愛情を捧げる既婚女性・柿内園子によって語られる一人称形式の小説です。己れの欲望を成就させるため、時に騙し合い、時に共謀しながら複雑に絡み合う四者の関係 […]

レフ・トルストイ『クロイツェル・ソナタ』の詳しいあらすじ

レフ・トルストイ作『クロイツェル・ソナタ』の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじはこちら(『クロイツェル・ソナタ』トップページ) ポズドヌイシェフとの出会い  早春、「私」は、二昼夜にわたり汽車の旅を続けていました。「私」の他には、不器量なタバコ好きの中年の婦人、その知り合いで、四十歳くらいの話し好きな弁護士、そして一人で離れて座っている […]

谷崎重一郎『卍』の詳しいあらすじ

谷崎潤一郎作『卍』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『卍』トップページ) 園子と光子の出会い  未亡人の柿内園子は、自分が関わった新聞沙汰にもなったある事件について、「先生」と呼ばれる人物に語り始めます。  以前、夫の他に恋人を持っていた園子は、その恋人について「先生」に相談し、非常な心配をかけていました。 […]

フョードル・ドストエフスキー『賭博者』の登場人物、あらすじ、感想

 『賭博者』は、一八六六年に発表されたフョードル・ドストエフスキーの長編小説です。 二十五歳の頃、作家として華々しいデビューを飾ったドストエフスキーですが、その後の作家生活は順風満帆ではなく、プライベートも波瀾に満ちたものでした。彼は社会主義サークルの会員であったかどで五年にわたり服役し、一八五九年にペテルブルクに復帰すると、自分の講義に顔を出した二十一歳のポリーナ・スースロワと不倫関係に陥ります […]