文学ブログ

作品紹介、ときどき詳しいあらすじ、ときどき感想

アベ・プレヴォ『マノン・レスコー』の詳しいあらすじ

アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ・デグジル(アベ・プレヴォ)作『マノン・レスコー』または『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』の詳しいあらすじを紹介するページです。 マノン・レスコー (岩波文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 第一部  娘のため、母方の祖母から権利をもらったある土地の相続に関する用事を済ませた帰り、「私」はパシーに立ち寄りました。その町にある宿屋に人々が押し寄せていて、それ […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の登場人物、あらすじ、感想

 『トム・ソーヤの冒険』は、1876年に発表されたマーク・トウェインの代表作です。開拓時代のアメリカを舞台にした、いたずら好きの腕白少年トム・ソーヤが繰り広げる冒険譚で、発表から百五十年ほど経った現代でも、世界中で愛される作品です。子供向け文学として捉えられている向きがありますが、ユーモアに満ちた語り口と、スリリングなストーリーは、大人も楽しめる内容となっています。 このページでは、『トム・ソーヤ […]

ディケンズ『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじ

チャールズ・ディケンズ作『クリスマス・キャロル』の詳しいあらすじを紹介するページです。 クリスマス・キャロル (字幕版) ※ネタバレ内容を含みます。 第一章 マーレイの亡霊  交際を嫌う孤独な男、エブニゼル・スクルージは、唯一の友人で共同経営者であったジェイコブ・マーレイを七年前に亡くしてから、「スクルージ・マーレイ合名会社」を一人で経営し続けていました。 彼は金銭欲が激しく、マーレイの葬式の時で […]

伊藤左千夫『野菊の墓』の登場人物、あらすじ、感想

『野菊の墓』は、1906年に発表された、伊藤左千夫の中編小説です。伊藤左千夫は、もともと歌人として知られていた作家で、正岡子規に師事していました。師匠である子規は、俳人として非常に有名ですが、散文においても「ありのままに物事を書く」という写生文運動の中心人物としての一面も持っています。 十九世紀末より、日本では口語体の小説が書かれるようになりましたが、それらはまだ古典の影響を色濃く残しており、実際 […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の詳しい登場人物紹介

マーク・トウェイン作『トム・ソーヤの冒険』の登場人物を詳しく紹介するページです。 トム・ソーヤーの冒険 (光文社古典新訳文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単な登場人物紹介、あらすじ、感想はこちら(『トム・ソーヤの冒険トップ』) ※『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじはこちら トム・ソーヤミシシッピ川沿いのセント・ピーターズバーグに住む少年。両親がおらず、母親の姉にあたるポリー伯母さんに養育 […]

中島敦『李陵』の登場人物、あらすじ、感想

 『李陵』は、1943年、中島敦の没後に発表された短編小説です。匈奴と呼ばれる北方の騎馬民族との争いを繰り広げていた中国・前漢の時代に李陵、司馬遷、蘇武という三人の人物が辿ることとなった数奇な人生を描いた作品です。中国の歴史書に書かれている史実を題材に扱いながらも、登場人物たちの抱いていた苦しみや葛藤が緊張感のある文体で書かれており、中島敦の数ある名作の中でも、傑作との呼び声高い作品となっています […]

マーク・トウェイン『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじ

マーク・トウェイン作『トム・ソーヤの冒険』の詳しいあらすじを紹介するページです。 トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫) ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『トム・ソーヤの冒険トップ』) ※『トム・ソーヤの冒険』の詳しい登場人物紹介はこちら ペンキ塗り  ミシシッピ川沿いの村、セント・ピーターズバーグに住む少年トム・ソーヤは、手に負えない子供でした。トムは両親が […]

伊藤左千夫『野菊の墓』の詳しいあらすじ

伊藤左千夫作『野菊の墓』のあらすじを詳しく紹介するページです。 野菊の墓 [DVD] ※ネタバレ内容を含みます。 ※簡単なあらすじ、登場人物、感想はこちら  矢切の渡しの東・矢切村の旧家の息子であった斎藤政夫は、思い出すと涙が止まらなくなる十年余り前のことを書き留めることに決めました。  当時、政夫は中学入学を控えた十五歳でした。家には、政夫の二歳上の従姉の民子が、仕事の手伝いや、病気を患っていた […]

中島敦『名人伝』の登場人物、あらすじ、感想

 『名人伝』は、1942年に発表された中島敦の短編小説です。中国の思想家、老子や荘子の教えを基礎とする「道家」の文献『列子』に収録されている挿話を題材にした作品で、弓の名人になろうとする紀昌の半生が書かれています。  ユーモアに富んだ語り口で、弓の名手たちの披露する、超自然的な技の数々を楽しみながら読むことのできる作品です。  このページでは、『名人伝』の登場人物、あらすじ、感想を紹介していきます […]

スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』の登場人物、あらすじ、感想

『ジーキル博士とハイド氏』(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)は、1886年に出版された、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説です。二重人格が大きなテーマとして取り上げられ、立派な医師としての名声を持つジーキル博士と、その別人格である醜悪な男ハイド氏によって引き起こされる事件が書かれます。スティーヴンソンの代表作として有名で、「ジキルとハイ […]