フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第四部)の詳しいあらすじ

 エピローグを除くと最終部となる『カラマーゾフの兄弟』の第四部は、ドミートリイが連行されてから二ヶ月が経った後、主に公判の前日からの話となります。まずは終盤にかけて重要な役割を果たす少年コーリャが登場し、仲違いをしていたイリューシャの病床に現れます。ドミートリイの逮捕を受けたイワンは、スメルジャコフのところへ通い詰め、事件の真相へと迫ります。アレクセイ、グルーシェニカ、カテリーナら、その他の主要登 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第三部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の第三部は、ゾシマ長老の死により悲しみに打ちひしがれたアレクセイと、グルーシェニカを手に入れるために奔走するドミートリイを中心に進行します。 物語は、フョードルが何者かに殺されるという急展開を迎え、推理小説の様相を呈しながら加速していきます。第二部までの難解さは、ここへきてやや鳴りをひそめ、それまで苦労して読んできたことが嘘のように、ページをめくる手が止まらなくなるような感 […]

太宰治『饗応夫人』の登場人物、あらすじ、感想

 『饗応夫人』は、1948年(昭和23年)に発表された太宰治の短編小説で、心身をすり減らしてまでお客をもてなさずにはいられない一人の戦争未亡人の姿が、家に住み込む女中の視点で描かれた作品です。 このページでは、『饗応夫人』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『饗応夫人』の登場人物 奥さま福島県の豪農の生まれ。本郷の大学の先生であった夫と世間を知らずにのんび […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第二部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の第二部は、さまざまな人物のもとを訪れるアレクセイの一日を中心に物語が進行します。この作品の核とも言うべき箇所で、特にイワンの語る「大審問官」と、ゾシマ長老が息を引き取る間際の説法は、ドストエフスキーの神に対する考え方の揺らぎがそのまま表現されていると言っても過言ではないでしょう。 この作品中最も読むのに苦労する箇所ですが、ここをしっかり読み込むほど、第三部から急加速する物 […]

フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(第一部)の詳しいあらすじ

 『カラマーゾフの兄弟』の導入部とも言うべき第一部は、フョードル、ドミートリイ、イワン、アリョーシャといった物語の中心を成すカラマーゾフ家の人々や、スメルジャコフやグルーシェニカ、カテリーナ、ゾシマ長老などの重要な役割を果たす登場人物たちの生い立ち、関係性が語られます。 大きく物語が動くのはまだまだ先ですが、この一癖も二癖もある人々の個性が描き出される数々のエピソードを読むと、これからとてつもない […]

坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』の登場人物、あらすじ、感想

 『青鬼の褌を洗う女』は、1947年に発表された坂口安吾の短編(中編)小説です。 妾として生きることを望まれて育ち、さまざまな男を渡り歩く女を描き、坂口安吾の作品の中でも傑作と称されています。 このページでは、『青鬼の褌を洗う女』の登場人物、あらすじ、感想を紹介します。 リンク 『青鬼の褌を洗う女』の登場人物 サチ子語り手。妾の子として生まれる。自分のことを溺愛しながら、妾になるように勧める母親を […]

坂口安吾『青鬼の褌を洗う女』の詳しいあらすじ

坂口安吾作『青鬼の褌を洗う女』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『青鬼の褌を洗う女』トップページ) 妾となることを望まれて育ったサチ子  三月十日の東京大空襲で、上野公園に逃げて助かったサチ子は、その二日後に人がたくさん死んでいる隅田公園に行き、母親の死骸を見つけました。その死骸は全然焼けておらず、生きていた […]

太宰治『グッド・バイ』の登場人物、あらすじ、感想

 『グッド・バイ』は、1948年に発表された太宰治の小説です。 朝日新聞社から連載小説の依頼を受けた太宰治が、不朽の名作『人間失格』を書き終えた後の、1948年の5月から書き始められた作品です。十三話から成り、そのうちの第一回から第十回までの原稿を朝日新聞社に渡した後、太宰治は愛人の山崎豊栄と玉川上水に入水し、自殺を遂げました。その後第十一回から第十三回までの原稿が残されているのが発見され、未完の […]

坂口安吾『桜の森の満開の下』の登場人物、あらすじ、感想

 『桜の森の満開の下』は、1947年に発表された坂口安吾の代表作です。 「桜の森は恐ろしい」と思われていた大昔の鈴鹿峠に住んでいた一人の山賊と、その山賊にさらわれてきた美しくも残酷な女との物語が描かれた作品です。 評価が非常に高く、人気もあり、しばしば日本の短編小説の最高傑作にも数え上げられる作品の一つで、これまでに映画化、舞台化、漫画家など、数多くの派生作品を生み出しています。 このページでは『 […]

坂口安吾『白痴』の登場人物、あらすじ、感想

 『白痴』は1946年に発表された坂口安吾の短編小説です。 坂口安吾は、太宰治、織田作之助らとともに、「無頼派」または「新戯作派」と呼ばれた作家の一人です。「無頼派」、「新戯作派」とは、人々の意識が急激に変化した戦後の社会の中で、それまでの既存の文学に対して、新しい文学を志した一派のことを指します。 戦前、それほど名前を知られていなかった坂口安吾は、前作である『堕落論』と、この『白痴』で脚光を浴び […]