TAG

戯曲

アントン・チェーホフ『桜の園』の登場人物、詳しいあらすじ、感想

 桜の園(ロシア語:Вишнёвый сад)は、1903年に執筆され、1904年に出版されたロシアの劇作家アントン・チェーホフの最後の作品です。『かもめ』、『三人姉妹』、『ワーニャ叔父さん』とともにチェーホフの四大戯曲のうちのひとつに数え上げられる代表作の一つで、発表以来、多くの劇作家に影響を与え、世界中で上演されています。 1861年にロシア皇帝アレクサンドル二世によって宣言された農奴解放によ […]

アントン・チェーホフ『桜の園』の詳しいあらすじ

アントン・チェーホフの代表作『桜の園』の詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※もっと簡単なあらすじはこちら(『桜の園』トップページ) 第一幕  五月のある寒い明け方、桜の園と呼ばれる有名な領地を持つ名門の屋敷で、裕福な商人のロパーヒンは、外国で五年間も過ごしていたこの家の女主人ラネーフスカヤ夫人の帰りを待っていました。 ロパーヒンの父親は、ラネーフスカヤ夫人の父親 […]

アントン・チェーホフ『かもめ』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

 ロシアのチェーホフの大劇作家、アントン・チェーホフの戯曲『かもめ』は、一八九五年に執筆され、一八九六年にサンクトペテルブルクのアレクサンドリンスキイ劇場で初演されました。当時の劇場での評価は非常に低く、主人公格のニーナの役で出演していた女優は、観客からの敵意に満ちた視線により、声が出なくなったと言われています(チェーホフはこの女優を、ロシアで最高の女優と褒め称えています)。チェーホフ自身「二度と […]