谷崎潤一郎『痴人の愛』詳しいネタバレあらすじ

『痴人の愛』トップ

 私は八年前に浅草の雷門の近くのカフエエ・ダイヤモンドで給仕をしていた妻に出会いました。その時妻は十五で、私は二十八でした。名前は奈緒美といいました。「ナオミ」という西洋人のような名前の響きが私の気をひきました。彼女の美しい顔立ちも西洋人のようでした。

 私は電気会社の技師をしていました。芝口の下宿から大手町の会社に通っていて、月給百五十円をもらっていました。私はナオミを預かろうという考えをもちました。当時の私には、結婚するだけの勇気はなく、生活に変化をあたえようと試みる程度の気持ちで、ナオミの成長を見届けて、気に入ったら妻にしようと考えていました。出会ってから二か月ほど、私たちは公休日に活動写真を見たりして、親しみを深めていきました。

 ナオミに父はいないといいます。母と大勢の兄弟がいるようですが、あまり家族のことを話したがりませんでした。本が好きだというので、私は学問をさせてあげようと提案しました。これは奉公をやめて私に引き取られることを意味していましたが、ナオミはあっさりとそれを了承しました。家族にはなかなか会わせてくれませんでしたが、一度会うと、母親は無責任な様子で、私がナオミを引き取ることをあっさりと了承しました。

 私は大森の駅の近くに、いわゆる文化住宅と言われるような洋館を借りました。

 私はナオミを引き取り、五月下旬に洋館へ移りました。当初は友達のように暮らそうと話し、眠る部屋は二人別々に設けました。ナオミは英語と音楽の稽古に通いました。悪かった顔色もよくなり、健康で快活な女になりました。

 私はナオミをおいて二週間ばかり帰省したことがありましたが、ナオミがいない生活を味気なく感じ、予定を切り上げて早めに東京へ帰りました。

 ナオミが海に行きたがったので、鎌倉に三日間の旅行に出ました。海水服を着た彼女の、四肢の整っており、健康な肩と優雅な首を持っていることを知り、私は喜びを覚えました。ナオミは、泳ぎ、ボート漕ぎ、ヨットなどを覚えました。銭湯へ行くのを大義がったことから、私がナオミをお湯入れて洗ってやる習慣がつきました。

 私はナオミの成長を日記に記しました。そのうちに二人の間に了解のようなものが生まれ、ナオミが十六の年に初めて関係を結び、お互いの実家の了承をもらって籍を入れることになりました。ナオミは活動写真に出てくる西洋の女優を真似るのが得意でした。私は膨大な衣服を買ってやりました。衣装は奇抜なものが多く、外出すると女優か混血に思われるようでした。外出できないほどに奇抜なものもありましたが、私はそれらを室内で着せて眺めて過ごしました。しかし、ナオミはだらしなくそれらをほったらかし、だいたいは素肌に着るのですぐに垢がつきました。

 私はナオミのことを甘やかしましたが、教育はしっかり受けさせるという試みを捨ててはいませんでした。英語に関しては、発音だけはいいものの、文法はまったくできませんでした。英語の教師であるハリソン嬢は、ナオミの利発そうな見た目に先入観を覚え、非常に賢い子だと褒めちぎりました。私は内心喜びましたが、文法を知らなくては意味がないと思い、家で厳しく指導しました。ナオミの出来があまりに悪いので、私はよく叱りとばしました。するとナオミも強情になり、沈黙をもって反抗しました。この頃からナオミの傲慢で我儘な態度が段々と昂じてくるようになりました。

 学問の上では全く見込みがないことがわかりましたが、肉体の上で私はますますナオミに魅了されていきました。私は世の中の男が女に「騙される」わけではなく、「騙されてやる」ことで、ズルズルと女にひきこまれていくことを悟ります。トランプのような遊戯においても、私はナオミにわざと負けているうちに、本当に勝てなくなってしまいました。