TAG

章ごと

魯迅作『阿Q正伝』の詳しいネタバレあらすじ

魯迅の代表作『阿Q正伝』の詳しいあらすじを章ごとに紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『阿Q正伝』トップページ) 第一章 序  私が阿Qのことを書こうと思い立ってから、もう一年や二年ではありません。しかし書きたい一面、しり込みもします。不朽の筆は不朽の人の伝記を書くもの、と昔から相場がきまっているからです。阿Qの伝記を書くに […]

レフ・トルストイ『アンナ・カレーニナ』の詳しいあらすじ

レフ・トルストイ作『アンナ・カレーニナ』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 ※簡単なあらすじはこちら(『アンナ・カレーニナ』トップ) ※『アンナ・カレーニナ』の詳しい登場人物紹介はこちら リンク アンナ・カレーニナ (吹替版) 第一編  ステバン・アルカージッチ・オブロンスキーは、かつての家庭教師であったフランス人と関係したことを妻のドリーに知られました。ドリーは部屋を飛び出したまま夫 […]

ギュスターブ・フローベール『感情教育』の詳しいあらすじ

ギュスターヴ・フローベール作『感情教育』(L’Éducation sentimentale)の詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 『感情教育』トップ 第一部  一八四〇年、バカロレア(大学入学資格試験)に合格したばかりの青年、フレデリック・モローは、故郷ヘ帰省する船の中でジャック=アルヌーの家族と出会いました。アルヌーは、パリの「工芸美術」という店で絵画の売買を営んでいました […]

夏目漱石『三四郎』の詳しいあらすじ

夏目漱石作『三四郎』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 『三四郎』の登場人物、簡単なあらすじ、管理人の感想はこちら 一  三四郎は、九州から山陽線に乗りました。うとうとして目がさめると、京都で相乗りしてきた色の黒い女と、田舎者の爺さんが話を始めていました。 女は広島から列車に乗り、京都で子供のための玩具を買ってこの列車に乗り込んだようでした。夫は大連に出稼ぎに行きましたが、その […]

太宰治『斜陽』の詳しいネタバレあらすじ

太宰治作『斜陽』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 大まかなあらすじはこちら(『斜陽』トップ) 一  かず子の母はスープをひとさじ吸って、「あ」とかすかな叫び声をあげました。かず子はスープにイヤなものでも入っていたのかと聞きましたが、母は何事もなかったようにスープをひらりと飲みました。母の食事の仕方は、礼儀作法には外れていましたが、かず子の目にはとても可愛らしく、エロティックに […]

フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』の詳しいあらすじ

ドストエフスキー作『罪と罰』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。ネタバレ内容を含みます。 リンク ※簡単なあらすじはこちら(『罪と罰』トップ) ※『罪と罰』の登場人物はこちら 第一部  貧困のために大学を除籍されたラスコーリニコフは、自分の殻に閉じこもり、ペテルブルクの貧しい借家で世間から隠れる生活を営んでいました。 彼は金貸しの強欲な老婆、アリョーナ・イワーノヴナを殺害して金を奪う計画 […]

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』の詳しいあらすじ

井伏鱒二『ジョン万次郎漂流記』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク 簡単なあらすじ、登場人物、作品紹介はこちら 一 万次郎等五名の漁師、浪の間に間に漂うこと  万次郎は土佐の国幡多郡中の浜という漁村に生まれ、十三四のころから漁船に乗り、魚はずしをして生計を立てていました。十五歳のときに、彼はいつものように他人の持船に雇われてその年の初漁に出ました。他の乗組員には、船頭の伝蔵、伝蔵 […]

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』の詳しいあらすじ

ヘルマン・ヘッセ作『車輪の下』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介、感想はこちら(『車輪の下』トップ) 第一章  ハンス・ギーベンラートは、古くて小さな町の歴史の中でも最も聡明な子供でした。 仲介人で代理店の店主である父親のヨーゼフ・ギーベンラートは平凡な人間で、母親はだいぶ前に死んでいました。 この小さな町で成績優秀な子供は、州の試験を受けて神学 […]

谷崎潤一郎『痴人の愛』詳しいネタバレあらすじ

谷崎潤一郎作『痴人の愛』のあらすじを、章ごとに詳しく紹介するページです。 リンク ※簡単なあらすじ、登場人物紹介はこちら(『痴人の愛』トップページ) ※ネタバレ内容を含みます。 一  私は、八年前に浅草の雷門の近くのカフエエ・ダイヤモンドで給仕をしていたナオミに出会いました。その時彼女は十五歳で、私は二十八歳でした。「ナオミ」という西洋人のような名前の響きと、美しい顔立ちが私の気をひきました。   […]

小林多喜二『蟹工船』の詳しいネタバレあらすじ

小林多喜二作『蟹工船』の章ごとの詳しいあらすじを紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※もっと簡単なあらすじはこちら(『蟹工船』トップページ) 一  蟹工船博光丸は函館の港で出発を待っていました。ここには船に乗ることでしか生計を建てられない人々が多く乗り込んでいました。  函館、秋田、南部の貧民窟から来た十四、五の少年たちが、その母親に見送られていました。  漁夫たちは、白首( […]