TAG

考察

太宰治『きりぎりす』のあらすじ、感想、考察

 『きりぎりす』は、1940年に発表された太宰治の短編小説です。太宰治が得意とする、女性の一人称で書かれた作品の一つで、急に売れっ子になった画家の妻が語り手になっています。 名声を得るにつれ、金にこだわり、陰口ばかりをたたく嘘つきな男になってしまった夫の変化が妻からの視点で語られます。その一方で、その変化を受け入れることができない語り手の偏狭さや強すぎる自己愛も客観的な視点から読み取ることができ、 […]

アルベール・カミュの『異邦人』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

アルベール・カミュ作『異邦人』の登場人物、あらすじ、紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『異邦人』の登場人物 ムルソー三年前に母親を養老院に入れたが、日曜日を不意にするのが嫌で、一度も訪れたことがなかった。その母親が死んだという連絡を受け、養老院へと向かい、棺の前で煙草を吸って居眠りをする。葬儀では感情を動かす様子を見せず、家に帰ると、ゆっくりと休 […]

芥川龍之介『杜子春』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

芥川龍之介作『杜子春』の登場人物、あらすじを紹介するページです。末尾に管理人の感想をちょっとだけ載せています。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『杜子春』の登場人物 杜子春元は金持ちの息子。財産を使い果たし、洛陽の西の門の下で途方にくれているところを眇の老人に話しかけられる。 鉄冠子片目眇(すがめ)の老人。峨眉山に住む仙人。 『杜子春』のあらすじ 一  ある春の日暮れ、金持ちの息子であ […]

芥川龍之介『蜜柑』のあらすじ、感想

芥川龍之介作『蜜柑』のあらすじ、感想を紹介するページです。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『蜜柑』の登場人物 私横須賀発上り二等客車に乗り込んでいる。いいようのない疲労と倦怠を頭の中に抱えている。 小娘油気のない髪を銀杏返しに結い、ひびだらけの両頬を気持の悪い程赤く火照らせた、如何にも田舎者らしい十三、四歳の娘。三等の切符を持って二等列車に乗り込む。 『蜜柑』のあらすじ  ある曇った […]

芥川龍之介『犬と笛』ってどんな作品?あらすじや登場人物を詳しく解説

芥川龍之介作『犬と笛』の登場人物、あらすじ、感想を紹介するページです。 リンク ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『犬と笛』の登場人物 髪長彦(かみながひこ)大和国葛城山の麓に住む若い木樵(きこり)。顔かたちが女のように優しく、髪も長かったので、髪長彦と呼ばれていた。笛が上手で、山で笛を吹くと鳥や獣が周りに来て、その音色を聴きにくる。 葛城山(かつらぎやま)の足一つの神青い勾玉を沢山ぶら下げた、 […]

芥川龍之介『蜘蛛の糸』ってどんな作品?登場人物やあらすじを詳しく解説

芥川龍之介作『蜘蛛の糸』のあらすじ、感想を紹介するページです。作品の概要や管理人の感想も。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 ※芥川龍之介のオススメ作品はこちら 『蜘蛛の糸』の登場人物 御釈迦様蓮池を覆う蓮の葉の間から犍陀多を見つけ、蜘蛛の糸を垂らす。 犍陀多(カンダタ)人を殺したり家に火をつけたりと、様々な悪事を働いた大泥棒。道ばたを這う蜘蛛を踏み殺すのを躊躇い、助けたことがある。 『蜘蛛の糸 […]

太宰治『駈込み訴え』ってどんな作品?あらすじ、登場人物を詳しく解説

太宰治作『駈込み訴え』のあらすじ、感想、考察を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『駈込み訴え』の登場人物 私イスカリオテのユダ。両親も生まれた土地も捨て、「あの人」について歩く。 あの人イエス・キリスト。「私」の師。 『駈込み訴え』のあらすじ  「私」は、自分の師である「あの人」を殺してほしいと訴え出ています。「私」は同い年である「あの人」に、意地悪くこき使われ嘲弄され […]

太宰治『走れメロス』の登場人物、あらすじ、感想

太宰治作『走れメロス』の登場人物、あらすじ、管理人の感想を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『走れメロス』の登場人物 ※ネタバレ内容を含みます。 メロス村の牧人。笛を吹き、羊と遊んで暮らしてきた。父も母も妻もおらず、十六歳になる妹と二人暮らしをしている。政治はわからないが、邪悪に対しては人一倍敏感。妹の結婚式の品を買うためにやってきたシラクサで、傍若無人な王に激怒し、城 […]

ギュスターブ・フローベール『感情教育』ってどんな話?作品の内容を詳しく解説

ギュスターヴ・フローベール作『感情教育』(L’Éducation sentimentale)の登場人物、あらすじ、感想を紹介するページです。 リンク ※ネタバレ内容を含みます。 『感情教育』の主な登場人物 ※もっと詳しい登場人物紹介はこちら フレデリック・モロー主人公。大学入学資格試験に合格し、帰省するために乗り込んだ船の中でアルヌー夫人と出会い、その美しさに惹かれる。パリでの大学生活を始めると、 […]

太宰治『満願』ってどんな作品?登場人物、あらすじを詳しく解説

太宰治作『満願』のあらすじ、登場人物、解説を紹介するページです。 リンク ※太宰治のオススメ作品はこちら 『満願』の登場人物 私三島市の知り合いの家の二階で一夏を過ごし、ロマネスクという小説を書いている。 医者西郷隆盛に似ている。文学よりも哲学を好み、原始二元論という世界観を有している。 医者の奥さん小柄のおたふく顔であるが、色が白く上品。 若い女の人肺病の夫の薬をもらいに医者を訪れる。簡単服に下 […]